続 春の夜間特別拝観

昨夜の清水寺に続き、今日は東寺の特別拝観。
日中の奈良散策から戻り、いよいよ東寺の時間が近づいて来た。


IMG_3375_201804151919597e7.jpg

↑しかし意外なほど疲れていて眠くて・・・そのまま部屋に居たら寝過ごしてしまいそうだったので、集合時間には早かったけれどロビーに降りてソファでボ~ッとしていた。

ソファで溶けている間に定刻となり、昨夜と同じくジャンボタクシーに分乗して東寺に向かう。

IMG_3376.jpg

↑日が傾き始めた東寺境内。

IMG_3377_20180415192001bc7.jpg

IMG_3378.jpg

↑東大門

本日は8名の貸し切り。
若い僧侶が軽妙な説明をしながら境内を案内してくれる。

IMG_3380_201804151920042a9.jpg

↑五重塔

日本最大の木造塔建築。
骨太のガッシリとした風貌で男性的。

IMG_3383_20180415192144b0b.jpg

↑一番下の屋根を支える邪鬼。
屋根の四つ角を四匹の邪鬼が支える。

塔本の扉を開けていて下さり、塔内部に広がる密教の世界をじっくりと拝観。

五重塔の次は金堂内部に入り、薬師三尊、十二神将を拝し、次に講堂内部の立体曼荼羅に酔いしれた。
やはり、此処は明王と天部の御仏が良いねー!

IMG_3393.jpg

↑講堂から出た後、昨夜同様にカウントダウンで点灯。

まだ日が落ち切っておらずにボンヤリとしたライトアップだが、
「昼行燈」
のそれも味があると言うか、自分と重なると言うかw

IMG_3398_201804151921474a3.jpg

IMG_3403_20180415192148791.jpg

IMG_3407.jpg

↑見よ!この夥しきライトの数!

IMG_3408.jpg

↑景観保全のために竹で覆われた投光器は五重塔を照らし出す。
これが2機。

ライトアップに賭ける東寺の熱意たるや凄まじきほどで、もちっとスマートに出来ぬものかのぅ・・と、思わず苦笑。

IMG_3410.jpg

IMG_3414.jpg

IMG_3417_20180415192251f9c.jpg

IMG_3418_2018041519234944c.jpg

IMG_3420_201804151923506df.jpg

↑講堂に金堂

IMG_3412_2018041519224810b.jpg


境内の自由散策が済んで出発の時間となり、案内してくれた僧侶にお別れを告げてジャンボタクシーに乗り込む。
これにて、2日間に渡った夜の特別拝観は終わり。

まさにライトに照らし出されたかのような煌めきの時間だった。
喧噪から切り取った京都はそれは贅沢で、この宝物を心に抱いて寺繁期を駆け抜けるぞい。


最終日はチェックアウトの正午近くまで部屋でゴロゴロして、ノロノロと駅に向かって14時台ののぞみに乗った。


あー!
楽しかった!

ホテルスタッフの皆さま、お世話になりました。
合掌



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぽんさん

仏像と言ったら密教!
密教と言ったら真言宗!
ホホホ♪異論は認めない。

ウチは真言宗智山派ですが、東寺は真言宗東寺派です。

東寺、是非是非行って下さい♪
講堂内部の帝釈天が、それはそれは男前なのです。
興福寺の阿修羅か東寺の帝釈天か、ってくらい。

美しい~~!!!
それにしても何とも贅沢な旅!
良いなぁ~良いなぁ~!!(*´ω`*)
私なんていつか東寺をガイドさんと一緒に巡れたら嬉しい!のレベル。
仏像のお話しとか聞きたい!
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR