院展

昨日から始まった院展の開会式&観覧に出掛けた。


IMG_6494.jpg


下野新聞社社長挨拶が、
「今年もこの季節がやって参りました」
で始まり、
「ああ・・院展で早春を感じる人も居るのだなぁ」
と何とはなしに新鮮な驚き。

開会式が終わって入場すると、大作に次ぐ大作の展示にテンション爆上げ。

文星大学教授?の宮北氏と日光市出身の岸野氏が作品の解説をしてくれ、皆でぞろぞろと両氏の後をついて行くのだが、その御一行様の後をカメラマンがついて撮影するので、うっかりと写って新聞に載ってしまうのも何だしなぁ、と思い列を離れて担当者さんと二人で好き勝手に観て歩いていた。

すべてが素晴らしかったが、内閣総理大臣賞受賞の小田野尚之「小さな駅」と、解説をしてくれた岸野香「Shower」が特に良かったなぁ。
凄く良かった。


IMG_6497.jpg


院展会場となりでは書展が催されていて、こちらも随分と熱心に観た。
こちらは余白の美だわね。

かつては自分も探究し、研鑽を積み、雅号までもらって、展覧会に出品していたよなぁ・・と過去であり他人事なのが哀しいところだが、出品した作品はちゃんと手元に残り、ついこの間まで本堂に飾っていたので、まぁ良しとする・・って何が言いたいんだよ、一体w

家に帰って書展の出品目録を良く見てみたら、何と値段が入ってた!
売りものだったんかい!
これだから、百貨店の催事は油断ならぬwww

そうそう、油断ならぬ話でもう一つ。
院展を見終えて会場を出ると、担当者は客を7階の画廊に案内する。
そこには、今観たばかりの大先生方のちょっと小振りな作品が展示されているのだ、値札付きで。
院展観覧の余韻が醒めぬ間に畳み込んでしまおう(おっと、言葉が悪いですな)と言う・・・コワッ。
素直に7階に案内されるご婦人も居れば、
「日本美術院の作家の絵は随分と買ったからもういいよ」
と豪快な断り方をする紳士も居たりで、とっても興味深い光景が繰り広げられていたのだった。

しかし、担当者さんは自分を7階に案内する気配すらなかった。
流石に性格も懐具合もバレバレだからなw
開会式に来たのも、旺盛な好奇心と野次馬根性ゆえで、それ以上のものはないと思ったのだろう、ご明察w
画廊ではなくバレンタインチョコレートを買うのに付き合ってくれたw

チョコレートを買ってからラルフローレンに行って、毎度おなじみラルフのおねいさん達と馬鹿話をして大いに盛り上がったのだった。

自由過ぎるだろ、自分w


・・と、話が逸れまくったが、
院展、良かった。

インテンハイッテル
なんつってw

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぽんさん

カメの作品?
下子カメの作品と共に〝その辺に〟に転がっておりますw
今度いらした時に見て下さい、転がっておりますのでw

屋上ビアガーデンは急な夕立ちでも大丈夫な屋根つきテーブルを押さえてくれ、周囲を気にすることなく思う存分バカ騒ぎ可能な個室も用意してくれるそうなのでwランチームの飲み会に活用しましょ~♪

担当付きで百貨店散策・・・
さすがセレブは違う!(=∀=;)
綺麗なチョコレート、旦那も喜んでおりましたー!ありがとう~♪
そしてカメさんの作品が見たい!!
今度見せてー!

ナムナムさん

ナイスですねー!

淫照ル入ッテル

いいね!
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR