奈良マラソン2014

去年の奈良マラソンは
腓腹筋筋断裂が完治せぬままの出場。
予想通りに5キロ地点通過あたりから痛みが出始め、
それでも何とか10.6キロ地点の第4救護所まで行って
アイシングしてもらって、そのままリタイア。
42.195キロなんざとても走れる脚じゃないと分かっていたものの
号泣したい思いで収容バスに乗って会場まで送られたのだった。

そうして迎えた奈良マラソン2014。
落武者のような心境で過ごしたこの1年間。

しかし・・・しかしだね、
またやってしまった、腓腹筋断裂(涙)
それも去年と同じ日!
思うにね、盂蘭盆会、大施餓鬼会、秋彼岸と激務の時を過ごした身体は
自分が思う以上に疲労しているのだわな。
それに追い打ちを掛けてしまうから「ブチッ!」と来ると(恐)
来年の9月はぜーったいに走らないぞ!

それでも11月から練習再開出来て、
徐々に、しかし確実に距離を延ばし、タイムを縮めて来られたのだけど、フルを完走するには
せめてあとひと月欲しい!!!
ってところで大会当日となってしまったのであった。
ええい!腹をくくるしかない!

もう走るシカないっ!


奈良マラソン受付は前日のみ。
9時ちょうど発の東海道新幹線にて京都に行き、
近鉄特急に乗り換え奈良に向かった。

しかし、まずは唐招提寺にお参り。
大・大・大好きな薬師さまに完走祈願と言うよりは、
「脚に痛みが出ませんように」
と怪我平癒祈願。

実は、真っ先に唐招提寺に向かったのにはわけがあって・・・
これは後日改めて書きたいと思う。

お薬師さまとお別れした後に会場入り。
ナンバーカードと参加賞をもらってから
エキスポ会場に入りラン友さんたちと合流。

みんなーーー!
1年振りーーー!


IMG_3046.jpg


そうしてお約束の
シューズ円陣
を組み、明日の健闘を誓い合って別れたのだった。

自分は定宿のある京都まで戻った。

IMG_3032_20141216131422079.jpg

IMG_3033.jpg

途中で何か食べようかと思ったものの、
寒さと京風強風に負けてまっすぐタクシーに乗り込んでしまった。

しかし、明日のためにカーボせねばならず
ホテル内の中華料理店でつゆそばでも食うか!
と思ったら満席、仕方がないから日本料理店に入った。

・・・で、懐石料理だったのに(懐石料理しかなかった)
「シメのごはんは大盛りでお願いします!
どんぶり2杯分は欲しいです!」
と、やたらごはんに執着する変な客www

しかし、変な客にも関わらず
板長さんが和菓子とお抹茶のサービスをして下さった。

IMG_3034.jpg

↑めちゃめちゃキュートな和菓子♡

そうして、白米で満ち満ちたお腹で
21時前に就寝。
翌朝は4時前に起きて会場に向かったのだった。


IMG_3035.jpg


気象予報士が盛んに言っていたとおりの極寒の朝だった。

会場入りしてすぐに向かったのが、
キネシオロジーテープ売り場。
ここでテープを購入すると、脚の状態に合わせてテーピングサービスをしてくれる。
悩みの右脚をガッチリと固めてもらったら
今までにない脚の軽さ!
何かイイ感じ!
これは行けるかも!

IMG_3037.jpg

↑会場内の一部の施設が衆院選のために使えぬために
トラック荷台が荷物預かり所になっていた!
これは素晴らしい発想だよね!
ナイス奈良マラソン実行委員会!


スタート時間は刻々と迫り
いよいよ号砲鳴り響いた!
上空はヘリが旋回し
花火が上がり
ゲストランナーの有森裕子さんが叫ぶ!

不安はあるが、やれることはすべてやった。
あとは前進あるのみだ!
行けるところまで行く!

しかし、スタート前に意識して身体を動かしていたものの
如何せんこの低気温で脚がカチカチに固まって、重くて前に出ない。
しかし、3キロ過ぎあたりからなめらかに動き出すようになり、
7キロ過ぎには楽に走れるようになった。
去年涙を呑んだ10.6キロ地点を無事に通過し、
後半待ち受ける長い坂のために少しでも貯金をしようとひたすら前に進んだ。
そうして迎えた魔の15キロ地点。
ここから実に40キロまで上り下りの繰り返しとなる。
苦しいながらも15キロからハーフに差し掛かるあたりで、
RCサクセションのノリノリサウンドが聞こえて来た!
嗚呼!あれは奈良マラソン名物、奈良の清志郎こと
今の葉狂志郎さんっ!!!

1.jpg

↑2011年の狂志郎さん


あの狂志郎さんが居る!応援してくれてる!
会いたかった!会いたかった!
ずーっとハイタッチしたいと思ってた!

そうして、感動のハイタッチ!
メッチャ元気をもらって走り出し・・・
しかし元気に行けたのはハーフまで(沈)
そこから先は前半の貯金を下ろして使うしかなかった。

「おかえりなさい」
の横断幕が掛かる巨大宗教施設wの中を折り返して
やっと復路。
残り15キロだ!

来た道を再び戻って行くと、
何とまたもや狂志郎さんがハイパワーで応援してくれてる!
2度目のハイタッチ!
本当にね、もうありがたくて嬉しくて涙が出た。
狂志郎さんありがとう。
本当に本当にありがとう。

それでも貯金を下ろし下ろし前進して、
いよいよ赤字か!って時にゴールはやって来たのだった。

・・・いや、マジで危なかったよ関門通過。
沿道の声援もね、
「ガンバレー!」とか「ナイスラン!」じゃなくなるんよ。

「関門やで!関門!」
「回収されるで!ここまで来てそれでもエエんか!頑張って走りぃや!」
「バス来るで!回収バス来るで!早く逃げんとあかんで!」


か、回収って・・・
収容と言って欲しい・・・
あたしらはゴミか!wwwww

とにかくファンキーな奈良の人たちなのであった。

迫り来る選手回収選手収容バスから辛がらと逃げること実に10キロ。
それでも最後の関門を無事に通過し、
鴻池競技場が見えて来た!
まだ大丈夫!行ける!行ける!
今年こそ完走出来る奈良マラソン!

鴻池競技場に入り、
青いトラックを踏みしめながらフィニッシュゲートに向かうと
ゴール直前で有森裕子さんがガッツリとハイタッチ
してくれたのだった。
ありがたくて、もう涙が止まらない。
その先ではキュートな奈良ご当地アイドルやボランティアの女子学生さんたちがハイタッチの手を差し伸べながら
「お疲れさまでした!」
「おかえりなさい!」
と言ってくれる。
そこでまた涙。

そうして、長い長い旅はやっと終わったのだった。
ありがとう奈良マラソン。

聞きしに勝るタフなコースだった。
苦しかったし辛かった。
しかし、だからこそゴールの感動は大きい。


IMG_3051.jpg

↑フィニッシャーズタオルと完走メダル

メダルと言えば、
妖怪ウォッチの仮装ランナー多かったなぁ。
それと、日本エレキテル連合のメイクで応援してくれた人が多かった。
朱美ちゃん5号まで居たような気がするwww
ランナーのみならず応援の人も仮装するのが奈良マラソン。
とにかく熱い!


そうして、クタクタの身体とバキバキになった脚を引きずりながら
鴻池競技場を後にし打ち上げ場所へと向かったのだった。

IMG_3038.jpg
IMG_3039.jpg

戦い済んで日が暮れて。
奈良市内は夕闇に包まれ始めていた。


IMG_3045.jpg

お疲れさまでしたーーー!

ふたご座流星群ピークの時間に
我々は完走打ち上げで大騒ぎしていたのだったwww


それにしても完走出来て良かった(ホッ)
今年も感動をありがとう、奈良マラソン!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

匿名匿住所さん

走るほど
増すばかりかな
我が胸筋

奈良路にて
鹿にくれたり
我が乳房

和歌は詠めぬので俳句でお返ししました。ホホ

つーか、もう乳など求めませぬ。
乳だの生理だのは走りの邪魔。

よしっ!このまま貯筋して男になるぞ!

ナムナムさん

まーーー
そーゆうことでございます。ホホ

和歌一首

肺を鍛え
奈良路をはしり
達成せりも
すこしもふえぬは
おのれの乳かさ

No title

最後は、やっぱ「ソレ」か・・・(^^;)
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR