ミキモトフェア

IMG_5143.jpg

↑ミキモトフェアの招待状が来ており
(だからって同じもの3通はいらねーなw)
上子カメが手持ちのネックレスの〝玉〟を増やしたいと言うので、フェアに行ってみた。

エスカレーターを5階で降りて、イベントプラザに向かって歩いて行くと、徐々に見えて来た
ファビュラスでマーベラスでプレシャスな会場
wwwww

上子カメは早くも尻込みしてしまい、
「あんな敷居の高そうなところに、とても入れそうにない」
などと言い出す始末。

ほぉ・・・
これくらいのことで怖気づくなんざ、まだまだ若いのぅ。

会場では若い社員さん(上子カメの1つ上)が付いてくれて、それは見事なジュエリーのすべてを熱心に案内してくれたのだった。
2時間以上見ていたかなぁ。

その中で、ケースからロングネックレスを取り出し、
「この留め金部分が、最近開発されまして、とても画期的だと思うんです」
との説明に、
「へぇ・・・ホント凄いわ。
特許申請してるの?」
「いや、特許申請の話は聞いたことがありません」
「早く申請しないと他社に真似されちゃうよ。
ホラ、PPAPの例があるじゃない
と言ったら、周囲から笑いが聞こえ、終始そんな感じでバカなことばかり言う母親に、上子カメは完全に固まっていた。
すいません。

そして、最後に
1億円のネックレス
を見せてもらった。

いや、凄いわ、1億円の輝き。
思わず真剣に見てしまい、見るほどに精緻にカッティングされたダイヤモンドの輝きに目が焼かれるような。
宝石が人の心を吸い取る、と聞いたことがあったが、まさに心を吸い取られるかのような。
魂を鷲づかみにされるような。

ような、ような、ような・・・

しかし、それほどまでに感動しながら、口に出た言葉は、
「撮影してもよろしいかしらぁ~」

バカですね。

この素っ頓狂な申し出に、奥から〝偉い人〟が慌てて出て来て、
「撮影なさっても結構です。
ただしSNSには決して投稿なさらないで下さい
と毅然と言った。

結局、撮影はしなかった。
だって、画像を持っていたら必ずや上げたくなっちゃうもの。


まー、こんな感じで終始おちゃらけていたが、本音を申せば
「良いものを見せて頂いた。
眼福♪眼福♪」

に他ならない。

それと、ジュエリーと言うのは美であり芸術であるけれど、構造力学的なものを抜きには作れない、ってことを新たに知った。
石と石のつなぎ目や留め金など、本当に計算し尽され、何度も図面を引き直しながらデザインされるのだろうと思う。


日本でただひとつの世界レベルの宝飾ブランド。
そのアンティークから新作まで堪能出来た幸せ。
とっても贅沢な時間を過ごせたことに感謝。


IMG_5142.jpg

↑お土産はゴディバのチョコレートだった♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR