一夜明けた

頭ではEUから離脱するのは損だと分かっているのに、移民がこれ以上増えると困ると思う心に従って最終的に投票行動に移したというのが、予想外の結果となった国民投票の真相でしょう。
木村正人 | 在英国際ジャーナリスト



まさにコレだよねぇ。

しかし、だからと言って積乱雲に突っ込んで行くような選択をするとはねぇ。
世界中を巻き込んで。


利口なのか馬鹿なのか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月のウサギさん

一票を笑うものは一票に泣く
ですかね。

以前、日本も同じようなことがあったかも。
利権や癒着の政治にうんざりしていたところにバラまきマニフェストを掲げた政党が人気を博し新政権誕生。
しかし、それからが地獄だったと。
目の当たりにしないと分からないことって意外と多い。
今回のイギリスもまさにそうだと思います。
目の当たりにして驚愕して「白紙撤回」を求める声の多いこと。

憲法改正?
大いに結構だと思いますよ。
今、世界の旬は「極右」です(笑)
自国を愛し自国を護らないとね。

一票の重さ

EU離脱組、私一人くらいが投票しても、
何も世の中変わらないと思って投票
したんじゃないですかね?。

日本でももうすぐ参院選、街中の
インタビューで聞くと必ず返って来る
答えが「私一人くらいが投票しても、
世の中何も変わらない」。
でも、その一票が世の中変えるんです
よね。この今回の英国のEU離脱騒ぎが
良い例だと思いますが。

今度の参院選で安倍さんは、消費税UP
先送りと経済政策を争点にしていますが、
本当は安保法制と憲法改正の承認を、
国民に問うている様な気がしますがね?。
ホント対岸の火事じゃないですよね。

まあ、英国も日本も民主主義国家なんで、
国民の総意を尊重するのはしょうがない
事なんですけど、今回の英国EU離脱の件
は、本当に一票の重さを痛感しますね。

ナムナムさん

離脱組には「高齢者、地方、低学歴、労働者」などのワードが飛び交っておりますが、どうなんでしょうね。

勝利とは言っても、この僅差で国の行く末を決めちゃって良いのか?と思ったり、そう思うことで直接民主制の怖さを感じたり、だったら何のために議会があんだよ!と思ったり、しかしこの勢いがヨーロッパ中に波及して「ウチも国民投票する!」とどんどん離脱して行ったらイギリスだけの問題じゃなくなり、結局は何もなかったことになるのではないかと・・・はもちろんウソですwww

正直申して、ワタクシはイギリスがどんな舵取りをしようが構わないのです。
ただ、大事に育てている虎の子の成長をいたずらに邪魔するのが許せないだけで。
円高株安とかマジで勘弁して欲しい。
これでトランプ波が来たら、一体どうなってしまうことやら(恐)

妄想か・・・

「まさか」とみんなが思ったんじゃないでしょかね?
勢い、というものもあったのでしょうが、一人一人が、経済のあれこれなど考えたり、想像すらしなかったろうと思えます。
結局、狭い見識で投票した人も多かったろう、と。
インタビューで、「強いイギリス」ということを言っていた人が、結構多いように思いました。そういうのが、多くテレビに使われていたように思います。
なんだか、アメリカの大統領選のトランプ現象と似ているように思います。
イギリスは「まさか」な選択をしてしまいましたが、
もしかして、アメリカも「まさか?」・・・
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR