益子陶器市2016

ラン友ぽんさんのブログで益子陶器市を知り、
「そうか、ゴールデンウィーク中は陶器市やってるんだっけ」
と思い出した。

陶器市・・・
久しく行ってなかったなぁ。

そんなわけで、子カメたちと陶器市に行って来た。


IMG_4240.jpg

毎回大渋滞を起こすので、朝早くに家を出たら8時前に到着。
お店の開店が出揃うまで、コーヒーを飲みながら目的の作家さんブースをチェック。

ここは「クラフトやまに」さんのカフェ。
手入れの行き届いた庭に面したテラス席は気持ち良い。
庭では二羽のあひるが放し飼いされていた。


そうして、各店開店の9時になり、フラフラと散策に。

IMG_4241.jpg

何と!ほおずきのランプシェード。

IMG_4242.jpg

謎の陶器www


「T-Craft」の高橋美枝子さんのカエルの形の小皿を買い、衣川あきえさんのお皿を買い、衣川俊仁さんのゴブレットを上子カメが買った。

すると・・・
下子カメがボソッと喋った
「私の友達のお父さんも出店してるんだよね」
あらま!
大学の同級生で陶芸を専攻している子らしい。
以前、帰省した時に
「益子の子と一緒に新幹線に乗って来た」
と言ったことがあったが、その子だったのね。

「その友達の家ね、お父さんが陶器の破片をモザイク状に貼り付けたお風呂なんだよ。写真を見せてもらったけど、すごく綺麗な風呂だった。それにさ、使っている食器もお父さんが焼いたもので目茶目茶センスが良いんだよ」
と話しは続く。
「んまぁ!だったらもっと早く言えば良かったのに。陶器市を歩き始めた今頃言うなんて」
と言ったら、
「まさか、自分が陶器市に行くなんて思いもしなかったから」
と相変わらずの下子カメ振りw

そうして、衣川俊仁、あきえご夫妻に
矢津田義則
さんのことを訊いたら、親切にすべての出店作家の名前が載った非公式マップを下さったのだった。
感謝♪感謝♪

マップの中に矢津田さんの名前を見つけ、我々は向かうことにした。

IMG_4243.jpg

向かう途中で炭火の匂いに抗えず、焼き鳥を食べる。


矢津田さんのブースのある「夢HIROBA」と言う作家テントに向かう途中、
「内田裕也みたいな人だったら受けるかもwww」
などと勝手に想像を膨らませていたが、実際にお会いしたその方は身なりは自由人だが、物静かで温厚そうな紳士だった。
そして何よりも作品が素晴らしい。

IMG_4245.jpg

IMG_4244.jpg

お嬢さんは
「父は趣味で陶芸をやっている」
と常々言っているそうだが、いやいやいや、それは謙遜と言うもの。
お弟子さんも居るようだし、何よりも経歴の素晴らしさたるや半端ない。
そのお嬢さんも精力的に制作をしており、毎日夜遅くまで大学に残り、大学には電気釜しかないからと帰省した時にはまた制作すると言う熱の入れよう。
出来た作品は惜しげもなく他の学生にくれるそうで、下子カメも何枚かもらったらしい。
まったく、贅沢な話だなぁ。

そうして、下子カメは一目ぼれしたカップ&ソーサーを買い、自分は応接間の本棚に飾りたく洒落たワイン用陶器を買った。


IMG_4246.jpg

IMG_4247.jpg

IMG_4249.jpg

「KENMOKUテント村」横の工房。
何でもない風景が良い感じ。


再び引き返して、また矢津田さんのブースに引き寄せられた。

IMG_4253.jpg

やっぱ、良いんだよねぇ。

そう言や先ほど、幾つものテントが張られた中を探し回って、この前でふと足を止めた下子カメ、
「あ・・・ここだと思う。友達の作品とテイストが同じだから」
と言ったっけ。
その時、我が娘ながらカッコイイなぁ、と思った。


その先を歩いて「PEACESPACE」内でお昼ごはんを食べることに。

IMG_4255.jpg

野菜と雑穀米のカレー。

このブースの面白いところは、作家さんたちが自分の作品(お皿)持参でやって来ては、そこに注文したパスタやカレーを盛ってもらってテイクアウト。


IMG_4256.jpg

三人で買ったもの。
ペンギンのお皿は麦ちゃん用w

4258.jpg

やっぱ、矢津田さんのものは良いわぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR