密巌流・梅花流合同奉詠

7月3日の昨日、
〝とうとう〟と言うか〝やっと〟と言うか、当日を迎えた。

第40回梅花流栃木県奉詠大会の特別ステージに上がる日。
この日のために4月から練習を積んで来た。


場所は鬼怒川温泉郷にある〝あさやホテル〟。
9時受付、9時30分開会式、そして梅花流各教区による合同奉詠が行われ、昼食をはさんで13時30分から密巌流・梅花流の合同奉詠の運びとなった。


IMG_5705.jpg


さてさて、真言宗智山派の御詠歌である密巌流と曹洞宗御詠歌の梅花流の関係は・・・
簡単に言うと、
「曹洞宗も御詠歌をやろう!」
「賛成!でも作詞は出来るけど、作曲は難しい」
「それじゃ、他の流派から曲をお借りしよう」
「何処が良い?」
「色々と聴いたけど、密巌流が一番ピタリと来るものがあるね」
「そうだね、密巌流から曲を借りよう」
「そうしよう!」
の流れで、密巌流の10曲(実質9曲)を梅花流が使うようになった。

そして、今回の合同奉詠は、その10曲のうち
梅花流「紫雲」となった密巌流「木揚」
梅花流「菩提」となった密巌流「修行和讃」
の2曲を、梅花流と密巌流とが交互にお唱えし、所作の違いやメロディの違いを〝聴き比べ〟しよう、と言った面白い企画。

↓ステージはこんな風だった。

!cid_242AF060-3C94-436C-A16D-29BC4A56D76E.jpg

向かって左が梅花流、右が密巌流。

2曲を交互にお唱えした後、密巌流だけで「入定和讃」「遍照」「同行和讃」をお唱えし、最後に梅花流と密巌流が声を合わせて「栃木県梅花御詠歌」をお唱えしてステージは終わったのだった。


ステージから下がると、梅花流講員の方々から
「とても良かった」
「素晴らしかった」
などのお褒めの言葉をかけてもらい、とても嬉しかった。


元は同じ曲であったのに、梅花流に育まれるうちにそれは明らかに違った曲となり、その違いこそが両宗派の思想の違いだろう、と単純に思う。

密巌流と比べると、梅花流は所作も曲も、控えめと言うか削ぎ落されていると言うか・・・
まー、方や座禅、方や護摩祈祷だものね。


(ここで睡魔に負けて落ちる)

スポンサーサイト
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR