薬師堂めぐり

ゴールデンウィークに帰省していた下子カメを駅まで送った足で、気になっていた古賀志町に在る薬師堂にお参りして来た。

先ずは、何時ものランコース沿いにある新里町の薬師堂に行き、それから古賀志町の上古賀志薬師堂、そして同じく古賀志町の田中の薬師堂に。


IMG_2739small.jpg

↑上古賀志薬師堂

IMG_2741small.jpg

↑境内には石造物が沢山!

IMG_2740small.jpg

↑光明真言塔と如意輪観音。

おんあぼきゃべいろしゃのうまかぼだらまにはんどばじんばらはらはりたやうん


池田正夫先生「古賀志の里歳時記」によれば、薬師堂内の中央に朱塗りの厨子があり、その中にはご本尊である小さな薬師如来像が納められており、その左右を脇侍の日光・月光菩薩が固め、十二神将まで控えているのだそう。

凄いなぁ。

その他、古賀志にはここから宇都宮市内に向かって1キロほどのところに〝久保薬師堂〟があり、その堂内にも薬師如来三尊像と十二神将像が安置されている。

いやいや、凄い。


そして、上古賀志薬師堂から1キロも離れていないところに田中の薬師堂がある。


IMG_2743small.jpg

↑田中の薬師堂

バランスを欠くほどに屋根が大きいのは、老朽化した茅葺きの上にトタン屋根をかぶせたのか。
この堂内にも薬師三尊像と十二神将像があったそうだが、残念なことにご本尊と両脇侍が盗難に遭ってしまったそう。

何てこったい!

IMG_2744small.jpg

↑如意輪観音と馬頭観音。

上古賀志薬師堂同様に石造物が沢山あった。

IMG_2745small.jpg

↑これ等は墓標。

IMG_2747small.jpg

↑まるで飛鳥仏のような可愛らしさ。

IMG_2749small.jpg

↑稲荷さまの祠が一基あった。


そして、今日めぐった三つの薬師堂に共通して、それは素敵なお祭りがある。
旧暦(5月3日)の灌仏会(花まつり)に花御堂が飾られ、誕生釈迦に甘茶が灌がれるのだ。

昨年、ラッキーなことに新里の薬師堂の灌仏会をお参りすることが出来た。
薬師堂の廻縁に花御堂が出され、屋根は季節の花々で埋め尽くされていた。
花御堂を飾る椿にさつきに菖蒲の花々は
「今、庭先から摘んで来ました」
感に満ちて、地元の人たちのささやかではあるが温かい信仰心を感じることが出来、何とも嬉しかった。

上古賀志薬師堂の灌仏会は、当番になったお宅が誕生釈迦仏を持ち回り保管して、灌仏会の前日に薬師堂にて花御堂を飾り、お供え物を用意して当日に備えるらしい。

この伝統行事が江戸時代からずーっと続いていると思うだけで、
カメ胸熱♡


今年の5月3日は親戚が来たりしてワラワラするうちに行きそびれてしまったが、来年の旧灌仏会には是非にもお参りに行きたい!


・・・ちなみに、ウチの花御堂は
造花
で飾り付けております。

って、ダメですね(沈)
スポンサーサイト
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR