湯の町エレジー(熱海その二)

100万ドルの夜景は何処に(熱海その一)
↑リンク貼ってます。



先々週に訪れた熱海。
小学校5年生の時に一泊で花火大会に行った以来の熱海。
しかし、おぼろげな記憶をたどっても、その時とあまり変わらないような・・・
兎に角、熱海は想像の上の上を行く昭和っぷりなのだった。


IMG_2477small.jpg

↑地味ながらも温泉好きに
「名湯!」
と言わしめるガチな温泉。

IMG_2479small.jpg

↑ちなみに廃墟ではありませんw

IMG_2428small.jpg

↑スタバやコメダの波に呑まれ絶滅したかと思われた純喫茶が此処にはあった。

IMG_2495small.jpg

↑食品サンプルの中に細々とした小物が置かれているのは昭和ならではのディスプレイ感覚。

IMG_2429small.jpg

↑こんなものがまだ!
もー!堪らないっ!

IMG_2438small.jpg

↑この力強いフォント!

IMG_2435small.jpg

↑またまた魅力的フォントの看板。

IMG_4690.jpg

IMG_2496small.jpg

↑とことん温泉印w

温泉印って連れ込み宿(あらま!随分と古いワードですことw)も表わすこともあってか、積極的に使われなくなって久しいよねぇ。

IMG_2446small.jpg

↑昭和ってのは、この手のコンクリオブジェに満ちていたのだった。

IMG_2458small.jpg

↑脚力と平衡感覚が要求されるらせん階段。

IMG_2488small.jpg

↑金色夜叉の像。

もろDVじゃんw
今じゃ絶対に建たない、と断言出来るね。

IMG_2489small.jpg

IMG_2490small.jpg

↑それでも海岸の風景は素敵だった。

ああ、天気が良かったらもっと突き抜けた絵が撮れたのに。


ところで、村上春樹、吉本由美、都築響一共著の
「地球のはぐれ方」
なるBスポ巡り紀行文のような本の中でも熱海が取り上げられている。
その中に村上春樹の書いた
「二人でバイクに乗ったり、日産キューブに乗ったりしている子が「熱海行くか」みたいなノリで行って、そのへんでご飯食べて、その子たちが払える料金で泊まれて、ゆっくりお風呂に入って、わりにリッチな感じになって、よかったねと言って帰る。また来たいね、みたいな」
って一文があり、熱海散策をしながらふと思い出して上子カメに話したところ、

「はぁ?日産キューブに乗る人が何だって言うの?!
村上春樹、元々嫌いだったけど益々嫌いになったわ!」

とキューブ乗りの彼女はプリプリと怒った。
その様子が可笑しくてゲラゲラ笑いこけてしまった。


そう言や、来月は10月。
ハルキストたちが(勝手に)気を揉む季節がやって来るねぇwww


スポンサーサイト

ついでの散策

小雨降る花冷えの今日。

歩き遍路さまが巡礼に参られたので、次の札所寺院までお送りした。
ウチから次の札所さんまでは、最悪と言うくらいにアクセスが悪いので、時折こうしてお送りする。


お送りした後、ちょっとだけこの辺りを散策。

IMG_4093.jpg

↑前々から気になっていた大日如来権現堂。

IMG_4094.jpg

↑大日如来と権現のコラボなので、本地垂迹のお像かと思ったが、この由来を読むと「権現山中約1㎞上に建立された」大日如来なので大日如来権現と呼ばれるらしい。

お堂の中を覗いたら、優しいお顔の石像がお祀りされていた。
しかし、顔部分以外は赤いよだれかけで覆われて体部の装飾や印相が分からず、果たして大日如来なのか、それとも地蔵菩薩なのかと判別しかねた。


それから、名菓「武平まんじゅう」を買いに、日光方面に4キロ移動。

IMG_4095.jpg

↑ここの武平まんじゅうは、黒糖を使った皮が美味しいので有名。

IMG_4096.jpg

↑おまんじゅう屋さん駐車場となりに亀発見!

IMG_4097.jpg

↑金亀さんのとなりのお宅の庭でも亀発見!

IMG_4098.jpg

↑昭和全開のパーマ屋さんも。

パーマ カットの文字、タイル張り・・・昭和50年代と言ったところか。
この外観は「美容室」じゃなくて「パーマ屋さん」だよねw


ウチからハーフマラソンほどの距離なのに「所変われば」がちゃんとあって、違ったものを見せてくれる。
楽しかった。

続 盛岡さんさ踊り

一昨日の3日、
東北新幹線やまびこ号で盛岡入りするや、駅構内には
「東北祭り巡りツアー」
の旗やプラカードの後に続く団体客がひしめいていて驚いた。
ざっと見ただけでも、JR、JTB、クラブツーリズムのメジャー処があり、その他マイナーな旅行会社が沢山。
うーむ!流石は東北を代表する祭りだけあって集客力も凄い!

そうして駅から出ると、そこはもうさんさの世界だった・・・・・

IMG_3530.jpg

↑駅前広場では、各保存会が伝統的さんさ踊りを披露していた。


とりあえず、空腹だったので冷麺を食べようと「ぴょんぴょん舎」に入った。

IMG_3533.jpg

↑ここの冷麺はスープが美味い。

IMG_3532.jpg

↑マッコリを呑みながら、さんさ攻略を立てるwww



それから、駅前のホテルにチェックインし、部屋に荷物を置いてから、駅前にて下子カメと合流。

IMG_3534.jpg

↑これ可愛い♪


IMG_3554.jpg

↑市内循環バス「でんでんむし号」に乗って、さんさ踊りメイン会場の県庁前通りに出ることに。

IMG_3535.jpg

↑県庁並びにある裁判所には、有名な石割桜がある。


さんさ踊り開催までまだまだ時間があったので、恒例のレトロ街並み散策開始。

県庁前から市役所に向かって歩いていた時、
「お母さんは安保法案についてどう思う?」
と、下子カメは訊いて来たのだった。
そうして、真夏の盛岡市中心街を歩きながら、我々はそれについて思うところを話し合った。

ところで、安保法案反対派の人たちの集会やデモに日章旗の1本も見たことがないが、それは何故なのだろう。
賛成派は「国を愛するが故」の賛成意見なので、その主張に日章旗を掲げるのは極当然のことなのだが、反対派の人たちは一体、どのような根幹があって反対の主張をするのだろう。
そこに日本国への愛はないのか。
それとも、日章旗や旭日旗は戦争の象徴とでも思っているのか。

だとしたら、かなり恥ずかしい人たちだ。


ぼそぼそとそんな話しをしながら市役所裏通りに出たら、

IMG_3536.jpg

↑昔の消防署が見えて来た!

そして更に歩くと、

IMG_3538.jpg

↑空襲避けのために黒く塗られた土蔵が。

IMG_3539.jpg

↑養蜂店の店構えも素敵。

それから、ぐるりと回り込むようにして県庁方面に向かって歩くと、

IMG_3543.jpg

↑旧岩手銀行本店
辰野金吾ー!

IMG_3540.jpg


IMG_3544.jpg

↑旧岩銀前がさんさ踊りの休憩場所になっていて、旧岩銀を見ながらかき氷を食べた。


それから、手描き看板が今時珍しい「盛岡ピカデリー」に行き、作品を鑑賞するwww

IMG_3546.jpg

IMG_3545.jpg

↑良い味出ていますwww
マッドマックス・怒りのデスロードも手描きされたのだろうか。


それから、居酒屋にていっぱい引っ掛けてから、
いざ!さんさ踊り!

IMG_3548.jpg

↑生ビー、うめぇ♪


居酒屋を出て県庁前通りに向かっていたら、岩手大学さんさ踊りチームが我々を抜かして行った。

IMG_3549.jpg

IMG_3550.jpg

↑岩大チーム、頑張れー!


そうして、さんさの夜は更け、終わって駅前のバス停に行き、下子カメの乗ったバスが発車するのを見送ってからホテルに戻った。

「それじゃ、6日に帰るねー!」
「あいよっ!」
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR