花より団子練習会

昨日は、御詠歌三教区合同練習会。
会場は北部教区のM寺さんだった。


IMG_5667.jpg

↑堂々とした山門と、山門越しに見える立派な本堂。


7月3日に控える梅花流特別ステージに向けた最後の練習会。
課題曲のおさらいをし、所作の細かい指摘がなされ、更にステージでの並び方が決まると、否応なしに
いよいよ感
が高まって来る。

そうして2時間の練習会が終わり、最後の合同練習と言うことで、近くの観光やなで鮎料理を食べて懇親を深めながらの打ち上げとなった。

お食事が終わると、中央と北部教区の寺庭さんたちはやなの売店で鮎甘露煮などを買って主婦していたと言うのに、南部寺庭と来たら・・・
梅花流のイケメン僧侶の方々を取り囲んで
キャー♪キャー♪
と大騒ぎし、一緒に写真を撮っていたのだった。

wwwww


昼食が済んで解散した後、M寺奥さまが
紫陽花まつり開催中
の黒羽城址公園に案内して下さった。

IMG_5677.jpg

IMG_5678.jpg

紫陽花に埋もれた城址公園!
何て贅沢なのでしょう!


そうして、M寺奥さまとお別れし、我々だけで黒羽城址公園すぐ近くの
大雄寺
を拝観。


●大雄寺の歴史●
黒羽山大雄寺は黒羽藩主大関氏の菩提寺で、本堂・禅堂・庫裡・総門・回廊・鐘楼堂など室町時代の様式を今に伝える総茅葺き屋根の曹洞宗の寺院です。
大雄寺は、旧黒羽余瀬に応永11年(1404)に創建され、現在の伽藍は、文安5年(1448)に建てられたもので、黒羽藩主大関高増により天正4年(1576)黒羽城築城の折に現在地に移築され、貴重な文化財を保存する心安らぐ禅寺です。
(大雄寺パンフレットより抜粋)


IMG_5682.jpg

IMG_5683.jpg

↑山道を上った途中に山門があり、両脇に仁王像が立っている。

彫りの浅い仁王さまは何処となくユーモラス。

IMG_5684.jpg

IMG_5687.jpg

↑総門をくぐり境内へ。

茅葺きの総門!

IMG_5688.jpg

↑境内地をぐるりと取り囲む回廊屋根まで茅葺き!

IMG_5690.jpg

↑鐘楼堂屋根も茅葺き!

IMG_5689.jpg

↑もちろん、本堂屋根も茅葺き!



茅葺き屋根の見事さもさることながら、隅々まで手入れの行き届いた境内に心が落ち着く・・・
・・・・・
・・・どころではなかった。

先のM寺さんも境内は清浄そのものだったし、何と言うか凄いプレッシャー。

「帰ったら掃除しよ」
とか、
「これだけ管理するのに、年間の延べ人数はどれくらいだろう」
とか、
「庭木の剪定料は総額どれくらいになるのだろう」
なんてことばかり考えてしまって、

あー!
これだからお庭自慢の寺は疲れるんだよー!


と、甚だ自分勝手にぼやくのであった。


この大雄寺は大関氏の菩提所であるが、先のM寺は大関氏の祈祷寺であった。
そして、先の梅花流のイケメン僧侶と同じ曹洞宗であるのだが、この大雄寺は御詠歌はやっていないらしい。


こうして梅花流栃木大会特別ステージに向けた合同練習会のすべての過程を終えたのだった。
来週月曜日のことを考えると、少しだけ緊張する。

でも、こんな機会に黒羽を楽しめて良かった♪
スポンサーサイト

益子春の陶器市2017

昨日は、
益子春の大陶器市
に行って来た。

何かね、去年の春に行った時よりも早い時間から多くの人出があり、確実に去年よりも人の数が多い。
え~?
何で~?
と思ったら、TVを始めとする各メディアで取り上げられたらしい。

兎に角、凄い人だった。


IMG_2705small.jpg

IMG_2707small.jpg

IMG_2708small.jpg

IMG_2710small.jpg

IMG_2714small.jpg

↑わお!

IMG_5469.jpg

↑わーお!

IMG_2729small.jpg

↑岩下製陶さんにて、ちょいと見学。

IMG_2716small.jpg

↑太平洋戦争以前の古い登り窯。

IMG_2719small.jpg

↑登り窯と新緑の組み合わせが素敵すぎる♪

IMG_2723small.jpg

↑こちらは比較的新しい登り窯で、関東最大の大きさだとか。

IMG_2721small.jpg

↑火の神さまがきちんとお祀りされている。

日本の伝統技能のこう言うところが好き。
精神を籠め、技を極めるところには必ず神さまがおはす。

IMG_2715small.jpg

↑そして、こちらが現代の窯。

IMG_2725small.jpg

IMG_2726small.jpg

↑陶工房ならではの雰囲気。

暗い室内に柔らかな光が差し込み、その光に陶器の肌色がぼんやりと浮かび上がる。

IMG_2728small.jpg

↑並んだ甕の中にはうわぐすりが入っているのかな。


そして、色んなテントを見て回って、気に入ったものをちょこちょこと買った。
そして、そして、本日の重要ミッションである
矢津田義則さんの焼酎サーバーを購入する!
を無事に果たせたのであった。

去年春の陶器市で一目ぼれして、
去年秋の陶器市で更に想いが深まって、
それから「焼酎サーバー貯金」でコツコツとお金を貯めて、
晴れて我が家に迎えることが出来た。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

IMG_2734small.jpg

↑焼酎サーバーを始めとする本日の戦利品。

IMG_2738small.jpg

↑これはもう焼酎サーバーを超えた美術品であり、陶器に描かれた絵画だと思う。

IMG_5473.jpg

↑応接間に飾った。

部屋がグレードアップされました♪


矢津田さんのお嬢さんと下子カメは同じ学科で学んでおり、つまりは2018就活生。
ついつい話は就職のことに流れ、
「〇〇(お嬢さんの名前)は私の工房に入りたいと言っているのですが、やはり作家は売れないと食うに困るので、安定した職業に就いて欲しいと・・・ねぇ」
と仰っていた。

下子カメの話では、お嬢さんはお父さん顔負けの素晴らしい作品を焼き上げるらしく、
「〇〇ちゃんなら、充分作家で通用するよ」
と言っているし、ちゃんと食べて行けるだろうと思うけど、親とすれば安定志向を望んでしまうのは致し方のないところ。

この大陶器市には数多くの若手作家さんが出店しており、どの作家さんも活き活きとして、見ていて眩しいくらい。
ずーっと美術一本でやって来た子供だけに彼らのように生きて欲しいと思う傍ら、収入の道だけはちゃんと確保して欲しいとも思う。

熱気あふれる作家さんたちの中にありながら、
「出来れば公務員あたり・・」
などと無粋な話をする美術学科生の親二人なのだった。

益子秋の大陶器市2016

大絵画展を観た翌日の昨日、益子秋の大陶器市に行って来た。

時は最終日。
ねらうは矢津田さんとつくいさんの器。


IMG_4892.jpg

IMG_4889.jpg

IMG_4891.jpg

IMG_4893.jpg

IMG_4895.jpg

IMG_4899.jpg

↑買ったもの♪

IMG_4901.jpg

↑やはり矢津田さんの器は群を抜いている。
際立っている。

矢津田さんの器だけは普段使いにせず、応接室の書棚に飾っている。
これにて、カメの矢津田コレクションは3点となって嬉しい。
しかし、残念ながら今回も焼酎サーバーは買えず終い。
そう・・金欠なんです(涙)
もちろん、焼酎サーバーも飾り物にするつもり、なので、
焼酎サーバー貯金
を始めて、来春の陶器市で絶対に焼酎サーバーを入手しようと思う!
思うじゃなくて、
入手するんだ!

益子陶器市2016

ラン友ぽんさんのブログで益子陶器市を知り、
「そうか、ゴールデンウィーク中は陶器市やってるんだっけ」
と思い出した。

陶器市・・・
久しく行ってなかったなぁ。

そんなわけで、子カメたちと陶器市に行って来た。


IMG_4240.jpg

毎回大渋滞を起こすので、朝早くに家を出たら8時前に到着。
お店の開店が出揃うまで、コーヒーを飲みながら目的の作家さんブースをチェック。

ここは「クラフトやまに」さんのカフェ。
手入れの行き届いた庭に面したテラス席は気持ち良い。
庭では二羽のあひるが放し飼いされていた。


そうして、各店開店の9時になり、フラフラと散策に。

IMG_4241.jpg

何と!ほおずきのランプシェード。

IMG_4242.jpg

謎の陶器www


「T-Craft」の高橋美枝子さんのカエルの形の小皿を買い、衣川あきえさんのお皿を買い、衣川俊仁さんのゴブレットを上子カメが買った。

すると・・・
下子カメがボソッと喋った
「私の友達のお父さんも出店してるんだよね」
あらま!
大学の同級生で陶芸を専攻している子らしい。
以前、帰省した時に
「益子の子と一緒に新幹線に乗って来た」
と言ったことがあったが、その子だったのね。

「その友達の家ね、お父さんが陶器の破片をモザイク状に貼り付けたお風呂なんだよ。写真を見せてもらったけど、すごく綺麗な風呂だった。それにさ、使っている食器もお父さんが焼いたもので目茶目茶センスが良いんだよ」
と話しは続く。
「んまぁ!だったらもっと早く言えば良かったのに。陶器市を歩き始めた今頃言うなんて」
と言ったら、
「まさか、自分が陶器市に行くなんて思いもしなかったから」
と相変わらずの下子カメ振りw

そうして、衣川俊仁、あきえご夫妻に
矢津田義則
さんのことを訊いたら、親切にすべての出店作家の名前が載った非公式マップを下さったのだった。
感謝♪感謝♪

マップの中に矢津田さんの名前を見つけ、我々は向かうことにした。

IMG_4243.jpg

向かう途中で炭火の匂いに抗えず、焼き鳥を食べる。


矢津田さんのブースのある「夢HIROBA」と言う作家テントに向かう途中、
「内田裕也みたいな人だったら受けるかもwww」
などと勝手に想像を膨らませていたが、実際にお会いしたその方は身なりは自由人だが、物静かで温厚そうな紳士だった。
そして何よりも作品が素晴らしい。

IMG_4245.jpg

IMG_4244.jpg

お嬢さんは
「父は趣味で陶芸をやっている」
と常々言っているそうだが、いやいやいや、それは謙遜と言うもの。
お弟子さんも居るようだし、何よりも経歴の素晴らしさたるや半端ない。
そのお嬢さんも精力的に制作をしており、毎日夜遅くまで大学に残り、大学には電気釜しかないからと帰省した時にはまた制作すると言う熱の入れよう。
出来た作品は惜しげもなく他の学生にくれるそうで、下子カメも何枚かもらったらしい。
まったく、贅沢な話だなぁ。

そうして、下子カメは一目ぼれしたカップ&ソーサーを買い、自分は応接間の本棚に飾りたく洒落たワイン用陶器を買った。


IMG_4246.jpg

IMG_4247.jpg

IMG_4249.jpg

「KENMOKUテント村」横の工房。
何でもない風景が良い感じ。


再び引き返して、また矢津田さんのブースに引き寄せられた。

IMG_4253.jpg

やっぱ、良いんだよねぇ。

そう言や先ほど、幾つものテントが張られた中を探し回って、この前でふと足を止めた下子カメ、
「あ・・・ここだと思う。友達の作品とテイストが同じだから」
と言ったっけ。
その時、我が娘ながらカッコイイなぁ、と思った。


その先を歩いて「PEACESPACE」内でお昼ごはんを食べることに。

IMG_4255.jpg

野菜と雑穀米のカレー。

このブースの面白いところは、作家さんたちが自分の作品(お皿)持参でやって来ては、そこに注文したパスタやカレーを盛ってもらってテイクアウト。


IMG_4256.jpg

三人で買ったもの。
ペンギンのお皿は麦ちゃん用w

4258.jpg

やっぱ、矢津田さんのものは良いわぁ。

南押原の史跡巡りとバードウォッチング

最近入会した
森のめぐみJAPAN
の1月の活動に参加させてもらった。

鹿沼市楡木~南押原の神社などを巡るハイキング。
南押原コミュニティセンターを出発して、周回して戻るまで約3キロと言ったところか。
すぐ脇を走る東武電車を見ながら、のんびりと農道を歩きながらの散策は楽しかった。

実はこの道、東武電車に乗る度に車窓から眺めながら
「まっすぐな農道で、走るにはもってこいだなぁ」
と思っていたのだ。
そこをこうしてじっくりと歩けるなんて。
きっとご縁があったのだろう(と、勝手に思う)


楡木神社

祭神は磐裂命・根裂命。
創建は明らかではないが、江戸時代は「星宮大権現」と称し、明治2年に「楡木神社」と改称。同8年焼失、同13年再建、同39年に村社となった。伝説では、ある高貴な方が随臣7名と共に本村に居を構え、7名は7軒百姓と言ってその子孫は繁栄し、高貴な方は社に祀られたと言われ、境内の地下にはその方の埋蔵品があると伝えられている。文政年間には石垣を建造するために崖を切り下げたところ、石棺のようなものが出土したと言われている。
(しおりより一部抜粋)



IMG_3934.jpg

↑一の鳥居、二の鳥居、拝殿

IMG_3936.jpg

↑獅子(阿)

IMG_3938.jpg

↑獅子(吽)

このユーモラスな獅子は、昭和55年に奉納されたもの。

IMG_3939.jpg

↑天保6年(1835)の獅子(阿)

IMG_3942.jpg

↑同じく天保6年の獅子(吽)

IMG_3940.jpg

↑本殿の覆い


そして、楡木神社から山沿いに平行移動したところにある大内神社へ。


大内神社
孝謙天皇が宝亀3年(772)に当地に行幸された折、天皇の守り本尊の雲石不動を勧請したと伝えられている。明治12年の頃、雲石不動を日本武尊に改めたと言われている。境内には岩石が多く、雲石岩や清水滝などがある。この神社付近の大内字には孝謙天皇にまつわる伝承が残っている。
(しおりより一部抜粋)



IMG_3949.jpg

↑こじんまりとした鳥居が可愛らしい。

IMG_3943.jpg

↑鳥居をくぐって200メートルほど進んだところにお社がある。
お社を守り固めるかのように雲石岩が広がっている。
かつては拝殿があったそうだが、今はなくなってしまっている。

IMG_3945.jpg

↑美しいたたずまいの社殿。

IMG_3944.jpg

↑何と滝が流れていた。
その名も清水(きよみず)の滝。
水に沿って鍾乳石のようになっているのは、石灰質を含んだ水だからだろうか。

岩石が多く、滝が流れるこの神秘的な神社の真上は、驚くことにゴルフ場だと言う。
何てこったい!
この罰当たりめが!


大内神社を後にし、更に歩いて小森雲石の石碑を見学。


小森雲石
文政5年(1872)に生まれ、和漢の学を修め、塾を開いて子孫を教育し、また剣術にすぐれ当流兵法の免許を受け、邸内に道場を設けて剣術の指導に当たり、その他医術にも通じて困った人々を助けるなど信望が厚く、明治24年70歳で亡くなった。翌年、門人たちにより邸内に碑が建立された。また、墓地の北側には十九夜碑などが数基ある。
(しおりより一部抜粋)



IMG_3950.jpg

↑石碑

雲石は、先の大内神社の雲石不動から取った名前だと言う。

IMG_3952.jpg

↑石碑近くにあった地蔵尊。


そして、最終見学地の成就院にお参りし、県指定天然記念物の「しだれあかしで」を見た。


成就院のしだれあかしで
200年以前に、黒川西岸に野生していたものを成就院に献木したと言われ、珍木として昭和3年国指定天然記念物となったが枯木となり、現在のものは80年くらい前に横根山麗から移植したもので昭和32年に県指定天然記念物となった。


IMG_3953.jpg

↑客殿前にしだれあかしではあった。

真言宗智山派の成就院さんとは「同支所寺院」の間柄で、常々何かとお世話になっている。
奥さまはおっとりとした気持ちの良い方で、
「今度の日曜日、お邪魔するよー!」
と言おうとも思ったが、変にお気を遣わせてしまっては申し訳ないと思い止めておいた。


出発の南押原コミュニティセンターに戻り、無事に活動終了。
その後、コミュセン内で森のめぐみJAPAN総会が開かれ、終了後は懇親会も兼ねた昼食をいただいて、全行程終了。

IMG_3955.jpg

↑お弁当が美味しかった。


地元再発見の散策は、期待通りに深い時間だった。
明治3年の神仏分離令の影響を目の当たりにした思いがし、孝謙天皇伝説にも思いを馳せた。
下野薬師寺に追放された道鏡を追って、下野にて没したとの孝謙天皇だが、そもそも道鏡は孝謙天皇(その当時の称徳天皇)が没した後に追放されたのであるけれど、下野市には孝謙天皇の墓と言われる墳墓があり、大内神社にも孝謙天皇が行幸されたとのいわれがあるとは。
思うに、栃木県には国分寺・薬師寺があるために、当時の中央政権の影響を受けた歴史や伝説が数多く残っているのがとても興味深い。
実は、ウチの寺伝もその影響を少なからず受けている。
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR