母の日

昨日は母の日でござった。


IMG_6931.jpg

記念日系が苦手な自分は母の日のことなど気にも留めていなかったが、何と上子カメがプレゼントをくれた。
(つーか、毎年もらっている気がする)

IMG_6932.jpg

うぉぉぉぉ!
THE NIKKAやぁーーー!

IMG_6933.jpg

折角なので、スズのショットグラスで美味しく頂いた(^▽^)
流石に12年も寝かされた酒は角が取れてまろやか、美味い~っ♪

(何故か、今頃読んでいる「砂の器」)

上子カメ、ありがと~♪


IMG_6936.png

これなw
スポンサーサイト

初出仕

毎年5月3日は近隣のお寺さんの大般若会。

膝の半月板損傷で正座が出来ない住職に代わって上子カメが出仕した。
大般若会の転読(経本をバラバラーッとやるやつ)は修行中に何度か経験し、それは同じ研修生同士でやったことだから、本人曰く
「大般若は楽しい♪」
だったが、今度はそうは行かない。
各寺院の御前さまと共に・・・
一つの役割を与えられ・・・
失敗は許されない。

本人、かなり緊張して、2日前あたりから経本やら作法集やらを読んでいた。


IMG_6892.jpg

初デビューの上子カメを少しでもサポートすべく、朝いちで評判の洋菓子店に車を走らせて、美味しい手土産を用意。

IMG_6893.jpg

早めに着いた車の中で、尚も作法集を読んでいた上子カメだが、意を決して会場に向かう。
剃髪していないので、本当は白い頭巾を被った方が良いのだが、用意した頭巾があまりに長くて
「これが邪魔になって経本を落としては元も子もないから」
と頭巾なしの姿。

IMG_6894.jpg

境内の老木。

IMG_6896.jpg

山門前でコッソリと法要の様子を窺っていた。
耳を澄ませて、聴く、聴く、聴く・・・

うん、大丈夫。
尼僧が一人混ざったための違和感がない。
割としっくりと溶け込んでいる。

たまーにね、尼僧さんの声が浮いてしまったがために残念な法要を見ることがあり、そればかりを心配していたが、どうやら大丈夫そうで安心した。


法要が終わって戻って来た上子カメはサッパリとした顔をしていた。
最初は頭が真っ白になったものの、次第に慣れて難なく終えられたらしい。

「あー!終わった!終わった!
明日から遊ぶぞー!」

だってw

まー、何はともあれ、初めの一歩を踏み出したわけだ。
お疲れさん。

卒業

IMG_6664.jpg

先週の22日に盛岡入りして一泊した後、下子カメの卒業式に出席した。

重たい荷物もあったので車で行ったのだけど、盛岡市まで約450キロ、走る走る。


IMG_6670.jpg

袴の着付け予約時間が5時と言う早朝なので、美容室の近くのホテルに親子3人で泊まって、その日の晩は〝ぴょんぴょん舎〟で卒業前祝いw

翌日、卒業式は10時から。
会場には華やかな袴姿の女子学生が沢山、男子はスーツ姿が圧倒的多数で、羽織袴姿(どうやらウケ狙いらしいw)の男子を2名ほど見かけた。

IMG_6694another.jpg

厳粛な雰囲気の素晴らしい卒業式だった。


ところで、下子カメはと言うと、昨年10月頃から本格的に卒業制作に入り、その審査をクリアし、卒業制作展を無事に終えたのが卒業式の1週間前。
卒論と違い卒業制作には展覧会が付く。
案内状の配布、会場の設営、会期中の受付、会期後の作品撤収&原状復帰と、まさに大掛かりな〝祭り〟を挙行するわけで、それが終わった後の虚脱感や半端ない。
そこに時を経ずして卒業式が来るせいだろう、下子カメは何やらとってもしんどそうだった。
卒業制作展が終わり、学生生活も終わる。
ああ、絶望的な気分だろうねぇ。
分かる、分かる(経験者)。

しかし、何とその作品に買い手がついたそうで。
「舞台美術に使いたい」
って。
「同じもので大きなサイズを作って欲しい」
との依頼も受けたそうで、就職が決まった上に作家?としての道も開くと言う。

展覧会に見えた草月流の偉い先生からも、
「あなたのセンスが欲しいから、ウチにいらっしゃい」
とお誘いを受けたそうで、生活や物事の基盤がしっかりと固まると、良い話が寄って来るんだなぁ、とちょっと感心。



ところで、卒業式が近づくにつれ、
「大学は山形か岩手に行きたい」
と初めて言われて目が点になった6年前からのことばかり思い出していた。
仕事の合間などに、ごく自然に、大学にまつわる一連の記憶がフッと浮かび上がるのだ。

東京5美大を狙うものだとばかり思っていたので、山形か岩手と言われた時は、頭を鈍器で殴られたような衝撃だった。
しかも、それを告げられた時はすでに担任と話を詰めた〝事後報告〟で、口を挟む余地などなかったと言うw

それでも何とか納得して(実に半年かかった)
「じゃあ、一度大学を見て来よう」
と初めて盛岡に行ったのが5年前の4月、爆弾低気圧に襲われたそれは寒い日だった。

5.jpg

↑その時、構内でニケ像を見つけて
「ニケだ!ニケ!」
と二人でテンション爆上がりになったなぁ。

ちなみに、等身大のサモトラケのニケ像はそうあるものではない、貴重なもの。

その後、真夏に開催された進学説明会に行き、秋の文化祭に行き、そしてとうとう受験当日。

rainbow.jpg

↑受験の前日に盛岡に向かう途中で虹が出て
「これは良い暗示かも」
と思ったら、無事に合格。

そして、卒業。


ああ・・・
過ぎてみれば、あっと言う間だったけど、こうして思い出すと色々あったし、中々に濃かった。


そうして、この卒業を以てして
子育て終了
となった。


今は、ホッとする気持ちよりも淋しい気持ちの方が勝っている。
目の前に捨て猫がいたら、5匹は連れて帰りそうな勢いwww

何時の間にやら

な~んだか、何時の間にやら春って感じ。
ちゃっかりと春彼岸に突入してるし。

雪~!と騒いでいたのが、何時の間にやら花粉~!の騒ぎになってるし。


季節の移ろいや時間の流れについて行けなくとも、それは感覚のことで、実際は年度の切り替え相応に忙しく、春彼岸相応に忙しい。


IMG_6648.jpg

IMG_6658.jpg


役所に行って転出届を出した下子カメ。
2週間以内に転入届を出し、晴れて盛岡市民になる。

入社式も済んでいないのに、
「辛いと思ったら、すぐに引き上げて帰って来い」
と夫は言い、
「電車が停まって見えたり、屋上から地面が近く見えたりする前に退職届を出すんだからね」
と自分は言い、
こんな親に下子カメは心底呆れ返っている様子w


IMG_6657.jpg

↑今、三色の梅が重なり合って咲いて、それはそれは美しい。


何時の間にやら子供は大きくなり、そして巣立って行く。

おひな様を仕舞う

IMG_5250.jpg

桃の節句も過ぎて、おひな様を仕舞った。

IMG_5248.jpg

出す時は
「メンドくさ・・」
と思うのだけど、2月も末になると
「ああ、仕舞わなくちゃならない時が近づいている」
と哀しい思いになる。

そうして仕舞って、また来年・・・か。

IMG_5249.jpg

3月は別れの季節だよねぇ。
県内の公私立高校は卒業式を終えたし、それを追いかけるようにして小中学校の卒業式も行われる。

来年の3月は下子カメが卒業する(予定)。
来年の今頃は、おひな様とのお別れと共に盛岡ロスでも哀しんでいるだろう(多分)。

この春、4度目の引き落としになる学費で最後(恐らく)。
我が人生で最後の学費納入(大方)。

ああ、感慨深いなぁ(一応)。

IMG_5254.jpg


・・って、

まさか来春に卒業出来るんだろーな!!!

(そこに着地するかよwww)
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR