おひな様を仕舞う

IMG_5250.jpg

桃の節句も過ぎて、おひな様を仕舞った。

IMG_5248.jpg

出す時は
「メンドくさ・・」
と思うのだけど、2月も末になると
「ああ、仕舞わなくちゃならない時が近づいている」
と哀しい思いになる。

そうして仕舞って、また来年・・・か。

IMG_5249.jpg

3月は別れの季節だよねぇ。
県内の公私立高校は卒業式を終えたし、それを追いかけるようにして小中学校の卒業式も行われる。

来年の3月は下子カメが卒業する(予定)。
来年の今頃は、おひな様とのお別れと共に盛岡ロスでも哀しんでいるだろう(多分)。

この春、4度目の引き落としになる学費で最後(恐らく)。
我が人生で最後の学費納入(大方)。

ああ、感慨深いなぁ(一応)。

IMG_5254.jpg


・・って、

まさか来春に卒業出来るんだろーな!!!

(そこに着地するかよwww)
スポンサーサイト

あの頃の下子カメ

庭石のくぼみの溜まり水。

IMG_4729.jpg

入園前の下子カメは年中この水を飲んでいたっけw
如何にもボウブラが湧いていそうな水www

良く言えば大らか、普通に言えば呑気な子育てをしていたので、基本見て見ぬ振り。
それでもまったく叱らなければエスカレートして何をやらかすか分かったものじゃないので、
「こらっ!そんなところの水を飲まないの!」
と形だけ叱っていた。

すると、
「え?なぁに?」
などとしらばっくれるのだが、
唇と口の周りが濡れているのでバレバレwww

「お口、濡れてるよ。
何で濡れてるの?」
と訊くと、ヤバッ!の表情をしながらも大きな声で即興の歌を歌って煙に巻こうとする。

煙に巻かれた振りをしながら、その妙ちくりんな歌を聴くのが面白くて、いやぁ、あの子供は本当に楽しい子供だった。

池の上を歩こうとして落ちること2回。
庭のど真ん中や池のほとりで熟睡すること数回。
裏山の岩肌にそこそこ大きな穴が開いているから
「掘ったの?」
と訊いたら、
「気が付いたら目の前に穴が出来てたんだ」
と呆然とした様子で答えたことは、未だばあちゃんとの笑いの種になっている。

この子はどんな大人になるのだろう。
アート関係で大成するか、極道に堕ちるか、の両極端?www
と楽しい想像をしながらも、
案外、こう言う子に限ってごくごく普通の大人になるのだろう、そんなものだ。
と白けていたが、どうやらその通りになりつつある。


ひょっとして、親がこんなだから堅実にならざるを得なかったのか。

孝行娘

一年前の上子カメ。

勤務先の病院は土曜日の午前中まで診察を行うので、土曜日は半日出勤。
なので土曜日は遅くても夕方までには帰りそうなものなのに、毎週帰りは夜だった。

「どーせ、デートでもしてるんだろ」
と思って何も詮索しなかったが、最近になって
着付けを習っていた
ことが判明。

何かの拍子で、
「あーら!カメは知らなかったの?」
と、事の真相をばあちゃんが話してくれた。

ばあちゃんには着付けのアレコレを事細かに話していたらしい。
自分はちっとも知らなかった。

きっとアレだな、
「おかーさんに言っても通じないしぃ」
と相手にしてもらえなかったのだな(沈)

着物も何枚か買ったらしい。
そうか、通りで何時も金欠だったわけだ。

それにしても、自発的に池坊に入門して、めきめき上達して割と短期間に免許皆伝とか言ってたし、今回もまた自発的に着付けを習ったりしているし、母と子で何でこうも違うのかと思う。
母とは違っても、ばあちゃんとは同じ路線だよなぁ。
隔世遺伝かねぇ。

ってことは、自分はこのままでも許されるってことじゃなかろうか(ピカ!)
うんうん、そうだよ、女三人が着物を着て楚々としていたんじゃ寺はやって行かれない。
楚々部門は二人に任せて、あたしゃ草刈りと金銭管理に邁進するよ。
華道や茶道なんて金輪際やらないよ、走動に邁進する。

これぞ適材適所www


その上、上子カメは、
「お母さんは着物の虫干しとか一度もやったことないでしょ。今度から私がお母さんの着物も見てあげるね」
と言ってくれ・・た・・・。

ううっ(感涙)

「どうしても和服で行かなくちゃならない時には着付けてくれる?」
と訊いたら
「もちろん!」
だって。

ううっ(感涙)


馬鹿な親が馬鹿なままで居られる

これ以上の親孝行があるだろうか(感涙)

たかが鼻くそ、されど鼻くそ

彼氏いない歴○年の上子カメ。
最近、外科医を紹介されたと言う。

ゲ!外科医!!!

これで、ようやくウチもおハイソの仲間入りかぁ・・・(感無量)
と期待しながら、
「で?どうだった?」
と訊いたら、

「鼻の孔に巨大鼻くそが見えて無理。
無理!絶対に無理!」


だって。

・・・・・・・(沈)

鼻くそが理由でお断りしたらしい。

・・・・・・・(沈)


外科医の婿とか、やはりウチには無縁なのだろう。
無念である。

ほぼ幸せ

「明日の追善供養だけど、今晩から来る親戚居る?」
と上子カメ。

「今のところその手の連絡はないけど、居るかもよ、あのズッコケ夫婦が」

「ええー!マジ来ないで欲しい。何時だって迷惑かけて帰るよね」

「まったくね。正月もスッゲー迷惑被った。
でもいいよ。もしも今夜来たら、ガンガン呑ませて二日酔いにしちゃる

wwwww


フフフ
腹黒ですこと。


しかしさぁ、こんな話が出来るのは娘だからよね。
母親の愚痴に
「しゃーねーだろ!」
とか言うんだろうなぁ、男の子は。

上子カメが後継者となることで寺嫁の悩みの種がなくなり、大人になった子カメたちにガッチリと両脇を固められ、自分はすごーく強くなった。
例えるならば、
左右に観音・勢至菩薩を従える阿弥陀如来
ん?ちょっと違うか。
左右に日光・月光菩薩を従える薬師如来
いや、これも違う。
左右に文殊・普賢菩薩を従える釈迦如来
これもダメっしょ。

左右に金剛力士を従える帝釈天

ああ、これが一番ピッタリ来るね。
こんな三尊形式はないけどwww

あ、そうか
助さん格さん水戸黄門
ってのもありだなwww



悩みは尽きぬが、ほぼ幸せだ。
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR