名古屋ちょこっと観光

2週間もの時間が経ってしまったが、名古屋ウィメンズマラソンついでの観光記録。


IMG_2624small.jpg

名古屋に着いて先ず向かったのが大須観音。
真言宗智山派の別格本山ですぜ。

IMG_2631small.jpg

IMG_2632small.jpg

IMG_2627small.jpg

大きいですのぅ。
街のど真ん中にあってこの大きさ!

ご本尊さまは聖観世音菩薩。
秘仏であり、大きな厨子の前にはお前立像がおはしたが、生憎眼鏡を持参せずに裸眼では輪郭くらいしか捉えられなかった。
仏像好き必携の書である久野健著「仏像巡礼事典」にはこの御仏の記述がないので、実際のところ(?)は分からない。

ちなみに、愛知と言えば、天武天皇ご勅願で役小角創建と伝えられる「滝山寺」に運慶作と思われる素晴らしい御仏がおはす。

しかし、膝に痛みがあったにも関わらず完走出来たのは、この観音さまのお陰かも・・・。

IMG_2628small.jpg

南無聖観世音菩薩~♪

IMG_2630small.jpg

門前通りの商店街。

此処で、大須ういろうと味噌煮込みうどん&きしめんのお土産を買った。


そして、名古屋と言えば金のしゃちほこピカーーーッ!の名古屋城。

IMG_2644small.jpg

ウェスティンホテル8階の部屋のカーテンを開けたら、何と目の前に名古屋城!

IMG_2646small.jpg

チェックインしたら名古屋城散策をしようかな・・と思っていたけど、
「こんなに近くに見られるのなら、お部屋内見学でイイや!(疲れてるし)」
wwwww
と外には出ずに、そのままベッドに倒れ込んで寝てしまったのだった。

IMG_2652small.jpg

2時間くらい眠って起きてカーテンを開けたら、素晴らしくライトアップされた名古屋城が夜空に浮かび上がっていた。

画像には写っていないが、右のしゃちほこ斜め45度くらいのところに月が輝いており、とっても幻想的だった。


そうして、翌日には走って此処まで来て、再び名古屋城を目にするのであった。


それにしても、名古屋市内の道路ってのは、何であんなに広いのだろう。
その上、走ると分かるのだが路面が硬い。
恐らく高速道路と同じ硬度じゃないのかな、一部コンクリ路面もあったし。

何で?
有事の際には滑走路になるのだろうか。
なんつってwww


スポンサーサイト

盛岡さんさ踊り2016

今年も盛岡さんさ踊りを観て来ましたよっ。

はやぶさ17号大宮発11時46分に乗り13時33分に盛岡着。
何時もは宇都宮発のやまびこ号で行くのだけど、はやぶさだと大宮からでも2時間掛からずに盛岡に行けてしまうのねぇ・・・凄いなぁ。


IMG_4573.jpg

↑盛岡入りして先ずは「ぴょんぴょん舎」で冷麺と焼肉、そしてマッコリw

IMG_4575.jpg

↑街は祭りの熱気であふれかえっていた。


そして、さんさ踊りパレード開始までの間、周辺散策。
何せジモティが一緒だから、迷うことなく歩けて嬉しいやねぇ。

IMG_4577.jpg

↑此処の冷麺が一番美味しいらしい。

IMG_4579.jpg

↑櫻山神社

IMG_4583.jpg

↑烏帽子岩

ホント、烏帽子の形してる!

IMG_4584.jpg

↑盛岡城跡公園の池

涼しげですのぅ。

IMG_4586.jpg

↑旧岩手銀行本店

これだけは外せない!

その他、地元民だけが知る隠れた名店?
「食事中に最低でも7,8匹のゴキブリを見るインド料理店」
とかがあるらしいwww
行かなかったけどwww


そうして、パレード開始時刻を迎えた。

IMG_4590.jpg

↑会場を照らすのは何と陸上自衛隊岩手駐屯地の投光器。

IMG_4594.jpg

↑パレードの先陣を切ったのはミスさんさ、ミス太鼓の連隊。

IMG_4600.jpg

IMG_4603.jpg

↑各団体が次々と踊りを披露。

IMG_4615.jpg

IMG_4618.jpg

↑保存会による伝統さんさは風格と重みがあるねぇ。

IMG_4632.jpg

IMG_4635.jpg

↑迫力のイオンチーム。

IMG_4638.jpg

↑イオンに続いて岩大チーム、キター!

IMG_4641.jpg

IMG_4645.jpg

IMG_4650.jpg

↑お疲れさまでした。

IMG_4655.jpg

IMG_4656.jpg

↑岩手県立大学チーム

女子学生が多くて華やか~♪

IMG_4659.jpg

↑先頭を切って踊ったミスさんさが此処でもまた踊っていた。

ミスさんさは、これを開催4日間続けるわけで、容姿が美しく、踊りが上手、プラス体力まで要求されるのねぇ。
いやいやいや、立派なものです。

IMG_4667.jpg

↑E5系!


そして、残念ながら今年も最優秀賞は岩手県立大学が受賞し、岩手大学は優秀賞に甘んずることとなった。
また来年に期待するよー!

あ~楽しかった((´∀`))


・・・てか、自分も太鼓やりたい(╯•ω•╰)

富山行き

先週の土曜日、富山マラソン参加のために富山入り。

初めての富山。
約10年の間、ネットだけの交友を続けて来た「ぶんまま」さん在住の富山。


IMG_3740.jpg

↑7時46分大宮発かがやき

これまた初めての北陸新幹線乗車。
そう言や今年は、東北新幹線、東海道新幹線、上越新幹線、北陸新幹線に乗ったのだわ(喜)

IMG_3742.jpg

↑かがやき、キターーー!

乗車中、ぶんままさんからのLINEで
「富山駅に着いたら改札口から直進すれば市電乗り場があります」
と教えられ・・・

IMG_3745.jpg

↑うわっ!ほんとだ!
中央改札を出て10メートルほどのところに富山名物路面電車の乗り場。

IMG_3747.jpg

↑これに乗ってぶんままさん宅に向かいます。

初めて乗って驚いたことが、路面電車も信号で停まること。
路面でも電車は電車だから道交法はあまり関係ないのかと(勝手に)思い込んでいた。
レールを走るだけに信号は関係ないだろうと。

IMG_3749.jpg

↑降車し少し歩いたら、ロコなレトロ看板見っけ!

ぶんままさんの親切な案内で迷うことなく行くことが出来て(これは奇跡的)カメ、感動の対面。
客間を暖め、お茶の支度をして待っていてくださり、ご本尊様にご挨拶をし、その後寺や子供の話などをしみじみと。
途中、檀用からお戻りになったお上人までお話の相手をしてくださり、富山の「ここだけの話」や北陸新幹線利権の話、はたまた富山マラソンコース解説まで!
幅広く、他県民は知る由もない話の連打にもう興味津々!
中でも、元駅伝選手だったと言うお上人のマラソンコース解説は、翌日のレースで大いに役立ってくれることとなる。

IMG_3752_20151102140110941.jpg

↑玄関先の木魚がラヴリー♪

IMG_3755.jpg

そうしてお暇した後、近くの↑廣貫堂の資料館に案内してくださった。

廣貫堂の名前を聞いた時
「西国札所の革堂のような大きなお堂なのかな」
と思ったが、何の何の富山の薬を代表するのがこの廣貫堂なのだった。
そっか、廣貫堂の名前、よくよく思い出すと富山の置き薬の引き出し箱にそんな名前が焼印されていたような・・・

IMG_3753.jpg

↑そうそう!この箱!

IMG_3754.jpg

↑薬やさんにもらった紙風船に喜んだのは自分の母親世代で、自分が子供の頃はカラフルなゴム風船をたくさん置いて行ってくれた。

IMG_3760.jpg

↑駅前にあるブロンズ像

小さい頃は虚弱で、子供のくせに胃痛持ちだった自分は、廣貫堂の熊の胆や赤玉に随分とお世話になりました(感謝)
それがまぁ!大人になって寺庭婦人となり、自坊の細々としたことを語り合う方に案内されることになるなんて!


そうして楽しい時間は過ぎ、ぶんままさんとお別れしたのだった。

ぶんままさん、お忙しい中をありがとうございました。
合掌

恐怖の東京スカイツリー

昨日は寺庭婦人会の研修旅行だった。

国会議事堂~東京スカイツリー~浅草散策
のガチなおのぼりさんコースwww


IMG_3682.jpg

IMG_3679.jpg

↑牛歩やりたいwww

国会議事堂内は我らが地元の代議士の秘書さんがそれは丁寧に案内してくれ、割とイケメンの秘書さんが細やかに説明してくれるものだから、他の団体のオバチャン(自分らよりも更に上のオバチャン)が割り込んで来る始末。

それにしても、大正期の建造物が修繕を重ねながら現役で使われている素晴らしさったら!


IMG_3684.jpg

国会議事堂の後は東京スカイツリー。

高所恐怖症ゆえ展望デッキには上らずにソラマチでビール呑んで待っていようと思っていたが、
「人数分の前売券を買っちゃったから(上らないと)ダメ!」
と却下され、
「券は買い取るから!」
とか
「誰か私の分と合わせて2回上って!」
と訴えたが、それも却下(泣)
その上、あろうことか両サイドから両腕をガッチリとつかまれ、まるで罪人の如く連行され、哀れ恐怖のエレベーターに投じられたのだった(泣)

それにしても、分速600メートルなるこのエレベーター、どうよ。
分速ってことは時速に直すと36000メートル、3.6キロ。

ワーッハハハ!あたしの方が断然速いぜ!

と自分を誤魔化そうとしても350メートルを駆け上がる恐怖を消すことなど到底出来るものではなく、次第に腰に力が入らなくり、手足が冷たくなって来るのだった。
他の人たちはエレベーターの窓から見える景色の「駆け上がり感」を楽しんでおり、
「お前ら、それでも人間かよ」
と大いに毒づいたところで、エレベーターは静かに停止し扉が開いたのだった。

はいはい皆さん、極楽ですよ~

とりあえずここまで耐えたし、このまま下りのエレベーターに乗って速攻ご帰宅を決めようとしたが、両腕の拘束は解かれることなく、何と!展望デッキの更に上の展望回廊に上るのだと言う。

あ・・・
ここで今、チケットを確認したところ
展望じゃなくて天望なのね。

ったく、どんだけ昇天したいんだよ!

再び恐怖のエレベーターに投じられて上ること15メートル。
降りたら、ほぼガラス張りの空間。

いや、本当にアウトだから。

手は氷のように冷たくなり、動悸激しくめまいまでして来た。
そんな自分を見るに見かねた添乗員さんが
「カメさんだけ先に下に降りましょう」
と言って下さった。

地獄に仏

添乗員さんが差し出してくれた腕にしがみつき、
「下だけ見て歩いて下さいね」
の言葉を忠実に守って進むものの、恐怖の天空回廊とやらは未来永劫に続くかと思われるような長さで、こりゃダッシュで突き抜けるしかねーだろ。

「走っても良いですか?!」
「分かりました!走りましょう!」


手に手を取って駆け出す我らは、まるで「卒業」。←アホ
逃避行の末、ようやく下りのエレベーター乗り場に着いたのだった。
ヤレヤレ、やっと地に足が着く。
エレベーターに乗ったら
「もう怖くありませんからね。大丈夫、大丈夫」
と添乗員さんが頭をなでなでしてくれた。

エレベーターと共に己の精神年齢も急降下。

しかし、ソラマチまで降りたらケロッとしたもので、すぐさまビールが呑める店を探したのだった。

IMG_3683.jpg

↑あー!ヤレヤレ!
頑張った後のビールは格別だねー!

しかし、多くの人たちは地上345メートルの天望レストランやカフェで飲食を楽しむと言う。
もちろん、窓外の景色を楽しみながら。
まったく、そんな状況で良くぞ胃にものが入るものだと思う。

まー、でも、スカイツリーの素晴らしいところは

法隆寺五重塔を参考にした耐震設計
(心柱制震構造)


だわね。
ナイス大林組!


それからお昼を食べて浅草散策。

お参りして、食べ歩きして、買い物して、
それでも目の前にそびえ立つスカイツリーはなるべく見ないように注意しながら浅草散策を終えたのだった。

IMG_3685.jpg

↑伝法院通りのたわし屋さん。
足袋荒い専用のたわしを買った♪

そうだ!と京都に行った

先週から続く水害についつい気持ちが鬱になるので、先月の京都行きの画像を貼って、つかの間楽しかった思い出に逃避してみる。

楽し・・・?かった・・・?のか・・・?
ほとんど寝て過ごしたような・・・(╯•ω•╰)



IMG_3566.jpg

↑正午過ぎに京都に着いて、先ず向かったのは念珠店。
重たいほどの念珠を持ち込んで修理をお願いする。

IMG_3565.jpg

↑念珠店に向かうのに乗車したタクシーに、こぉんな可愛らしいニワトリが♪

001small_20150918101755de1.jpg

↑念珠店近くを歩いたら巨大な五輪塔。

002small.jpg

↑五輪塔の正体はこれだった。
朝鮮人マンセー!
さすがは京都。

003small.jpg

↑京博
特別展にて知恩院の「早来迎」が出ていたので、この一幅のために観覧。
しかし、彫刻の常設展示がとても見応えあった。
さすがは京都。

004small.jpg

005small_20150918101910f92.jpg

↑京都観光の初心に帰って(笑)三十三間堂を拝観。
「後ろの千手さまは隠れて見えないから案外手抜きだったりして~。手が一本少ないとか、お顔の半分がないとか」
などと、これまた初心者のようなことを考えつつ拝観。

湛慶作千手観音三躯が、東博、京博、奈良博のそれぞれに貸し出されていた。
やはり湛慶作は他を抜きん出ているから。

007small.jpg

↑そして智積院。

009small.jpg

↑智山派と言えば桔梗。

011small.jpg

012small_20150918102227cd2.jpg

↑新しい化主さまになり、五色の幕も新しく。

智積院からホテルに向かって、チェックインした後すぐに寝た。
2時間くらい眠って、もそもそと起き出して夕ごはんを食べに階下に下りた。

IMG_3571.jpg

↑お目当ての竹炭チーズがなくて残念(´・ω・`)
ぼんやりしながらワインを3杯呑んで、部屋に戻って世界陸上を見ながら寝た。

次の日は10時頃までウダウダしていて、
一日中部屋にこもろうか?
いや、やはり唐招提寺だけは行きたい!
と散々葛藤した末、エイヤッ!と飛び起きて京都駅に向かう。

・・・って、ホント疲れていたんだなぁ。

015small.jpg

↑うん、やはり来て良かった(◍•ᴗ•◍)

019small_20150918102503fa7.jpg

↑天平の甍~!

016small.jpg

↑何時来てもこのアングルに心躍る。

金堂薬師さまを拝した後は、鑑真和上にご挨拶。

020small.jpg

↑霊廟前の手水ですらこの美しさ。

023small.jpg

024small.jpg

↑蓮の花がひっそりと咲いていた。

025small_20150918103038a12.jpg

↑苔に落ちる木漏れ日も美しい。


唐招提寺を後にして京都に戻り、一度行ってみたいと思っていた錦市場に向かう。

027small_201509181029321e1.jpg

028small.jpg

↑「へ?これが京の台所?」
とぽかん。
歩くは外国人観光客ばかり、ぼったくり?と思うような高値ばかり。
こりゃ、元は食材市場でありおかず横丁だったろうが、次第に観光化して形骸化しちゃったのね・・・そんな感じで非常に残念だった。
この近くの袋物屋さんに入って訊いたら
「錦市場よりも大丸さんの方が、ずっと気の利いたものがありまっせ」
とのことで、大丸地下に行ったら成るほどそうだった。

551蓬莱の豚まんがあったので、それを買い込んで部屋に戻って食べて、ビールを呑んで、夜まで寝た。
5時間くらい眠って、また世界陸上を見て、ボルトの優勝を見届けてから朝まで眠った。

最終日はチェックアウトの正午までダラダラと過ごし、それからようやく京都駅に向かった。

IMG_3582.jpg

↑ホームで待っていたら、ドクターイエロー登場!
ヽ(*´∇`)ノ ひゃっほぅ♪


そんなこんなで目が腐るか?!と思うくらい寝て過ごした京都滞在だった。

しかし、やはり唐招提寺はエエ!
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR