続 春の夜間特別拝観

昨夜の清水寺に続き、今日は東寺の特別拝観。
日中の奈良散策から戻り、いよいよ東寺の時間が近づいて来た。


IMG_3375_201804151919597e7.jpg

↑しかし意外なほど疲れていて眠くて・・・そのまま部屋に居たら寝過ごしてしまいそうだったので、集合時間には早かったけれどロビーに降りてソファでボ~ッとしていた。

ソファで溶けている間に定刻となり、昨夜と同じくジャンボタクシーに分乗して東寺に向かう。

IMG_3376.jpg

↑日が傾き始めた東寺境内。

IMG_3377_20180415192001bc7.jpg

IMG_3378.jpg

↑東大門

本日は8名の貸し切り。
若い僧侶が軽妙な説明をしながら境内を案内してくれる。

IMG_3380_201804151920042a9.jpg

↑五重塔

日本最大の木造塔建築。
骨太のガッシリとした風貌で男性的。

IMG_3383_20180415192144b0b.jpg

↑一番下の屋根を支える邪鬼。
屋根の四つ角を四匹の邪鬼が支える。

塔本の扉を開けていて下さり、塔内部に広がる密教の世界をじっくりと拝観。

五重塔の次は金堂内部に入り、薬師三尊、十二神将を拝し、次に講堂内部の立体曼荼羅に酔いしれた。
やはり、此処は明王と天部の御仏が良いねー!

IMG_3393.jpg

↑講堂から出た後、昨夜同様にカウントダウンで点灯。

まだ日が落ち切っておらずにボンヤリとしたライトアップだが、
「昼行燈」
のそれも味があると言うか、自分と重なると言うかw

IMG_3398_201804151921474a3.jpg

IMG_3403_20180415192148791.jpg

IMG_3407.jpg

↑見よ!この夥しきライトの数!

IMG_3408.jpg

↑景観保全のために竹で覆われた投光器は五重塔を照らし出す。
これが2機。

ライトアップに賭ける東寺の熱意たるや凄まじきほどで、もちっとスマートに出来ぬものかのぅ・・と、思わず苦笑。

IMG_3410.jpg

IMG_3414.jpg

IMG_3417_20180415192251f9c.jpg

IMG_3418_2018041519234944c.jpg

IMG_3420_201804151923506df.jpg

↑講堂に金堂

IMG_3412_2018041519224810b.jpg


境内の自由散策が済んで出発の時間となり、案内してくれた僧侶にお別れを告げてジャンボタクシーに乗り込む。
これにて、2日間に渡った夜の特別拝観は終わり。

まさにライトに照らし出されたかのような煌めきの時間だった。
喧噪から切り取った京都はそれは贅沢で、この宝物を心に抱いて寺繁期を駆け抜けるぞい。


最終日はチェックアウトの正午近くまで部屋でゴロゴロして、ノロノロと駅に向かって14時台ののぞみに乗った。


あー!
楽しかった!

ホテルスタッフの皆さま、お世話になりました。
合掌



スポンサーサイト

奈良にて心の換気

清水寺夜間特別拝観の翌日は、夕方からの東寺特別拝観。

日中は奈良に出掛けた。
近鉄特急で西ノ京経由のものがあるので、それに乗車。
京都から35分で西ノ京到着、下車して目指すは唐招提寺。


IMG_3305.jpg

↑門をくぐるや、この大らかな景観が目に飛び込む。

ザッザッ・・と小砂利を踏みしめながら歩く。
この音がまた良いのだなぁ。

IMG_3307.jpg

↑天平の甍!

此処におはす薬師如来がずっと好きで、とても好きで、静かに合掌しながら
「薬師さま、またお目に掛かれて光栄です」
の気持ちでいっぱいになる。

IMG_3312.jpg

↑金堂裏手にある講堂。

IMG_3313.jpg

IMG_3314.jpg

IMG_3341_20180415183033b3b.jpg

IMG_3347_20180415183134232.jpg

IMG_3338.jpg

↑花を替えるため、金堂裏扉が開いていた。
これは珍しいかも。

IMG_3344_20180415183132e48.jpg

↑一つの鉢に一種類ずつの蓮が植えられている。

IMG_3316.jpg

↑鑑真和上御霊廟の苔。
木漏れ日が美しい。

IMG_3320.jpg

↑新緑の回廊

IMG_3324.jpg

IMG_3327.jpg

↑塔頭寺院の佇まいも美しい。

IMG_3331.jpg

↑大きな礎石がゴロゴロ。
この上には何が建っていたのだろう。


そうして、唐招提寺を後にし秋篠寺に向かった。


IMG_6834.jpg

↑西大寺駅北口のバスターミナルで押熊行きのバスに乗車。

IMG_3370.jpg

↑清楚な雰囲気の秋篠寺山門。

IMG_3361.jpg

↑金堂

秋篠寺御本尊は薬師如来坐像。
ふっくらとしたお顔立ちの柔和な御仏。
そして、その左横におはす伎芸天は相変わらずお美しいお姿。

人もまばらな金堂内、置かれたベンチに座り目線が低くなると、伎芸天の眼差しに包まれるかのようだった。

IMG_3367.jpg

↑金堂横にある石仏と石碑。

IMG_3365.jpg

↑文化財愛護の看板、憧れる~!
ウチにも欲し~!

IMG_3371.jpg

↑バス停の近くには競輪場があり、その手前にこんな香ばしい店があった。
2階から騒がしい声が聞こえてくるが、どうやら競輪ファンが酒を呑みながら予想し合っているらしいw
入口看板にある
「ひとやすみなさいませ」
は観光客でなく競輪ファンに向けて言っているのだなw


奈良散策はこれにて終了。
西大寺駅から急行に乗って京都に戻った。


唐招提寺に秋篠寺。
清浄で穏やかで落ち着いていて・・・
やっぱ奈良は良いなぁ。






春の夜間特別拝観

IMG_6801.jpg

春彼岸が終わり、本格的な忙しさを迎える前にちょいと一休み。
ってな感じで京都に行って来た。

9日から11日までの3日間。
目的はブライトンホテル企画、清水寺と東寺の夜間特別拝観。


IMG_3238.jpg

↑11時25分に京都に着いて、先ず向かったのはリッツカールトンホテル。
此処の〝水暉(みずき)〟にお昼の会席の予約を入れていた。
本当は〝下鴨茶寮〟に行きたかったのだが、相変わらず満席で取れず。

IMG_6808.jpg

↑おお!滝が流れてますのぅ。

リッツカールトン、前身のフジタ観光ホテルの名残が感じられるところに好感が持てるし、思ったよりもコンパクトで落ち着く。
そして、活けてある花の1本からして金が掛かっている。
↑これなw

IMG_3242.jpg

↑昼食を終えて、カロリー消費のために二条大橋から東山七条まで徒歩で移動。
総本山智積院。

智積院の庭、庭木が随分と育って庭園らしくなって来た。
ただ、金堂がね、RCなんだよねぇ。

IMG_3246.jpg

↑智積院からすぐの今熊野の〝ニシダヤ〟で漬物を買う。
此処の漬物はうんまい♪

IMG_3248.jpg

↑そうしてホテルに着くと、豪華な春の室礼が出迎えてくれた。

チェックインして夕ごはんを食べ、部屋でゴロゴロしながら特別拝観の時間を待つ。
出発20分前にロビーに降り、拝観の簡単な説明を受け、ジャンボタクシーに乗り込む。
参加者は15名と言ったところか。

IMG_3252.jpg

↑清水寺到着後すぐに大講堂に通された。
此処で森貫主のご法話を拝聴する。
そう、年末の風物詩とも言える〝今年の漢字〟を発表する(書く)あのお方。

森貫主のお話はユーモアたっぷりで楽しく、清水寺の寺伝あり〝今年の漢字〟の裏話あり。

IMG_3258.jpg

↑貫主のご法話の後、境内に出て、10から始まるカウントダウンの後に一斉にライトアップ。

IMG_3270.jpg

IMG_3263.jpg

IMG_3273.jpg

↑青い光が和ロウソクに届きそう。
実際、京都タワーからこの光が確認出来るそう(上子カメ談)。

このひと筋の青い光は清水寺独特のもので、観音菩薩の慈悲を表したものだとか。

IMG_3280.jpg

↑本堂は50年に1度の屋根の葺き替え中。

IMG_3290.jpg

↑昼間に観るのとは違った顔の柱。
幻想的。

IMG_3278.jpg

↑木と竹で組まれた足場。


美しくライトアップされた境内を隅々までゆっくりと歩き、撮影し、夜の清水寺を心ゆくまで楽しんだ。
音羽の滝のところでは熱いコンソメスープが振る舞われ、滝の音を聴きながら美味しいスープを頂いた。
至れり尽くせりの豪華な時間。

IMG_3293.jpg

↑舞台を支える柱を良く見ると、下の部分が色が違うのが分かる。
これは、修復で新しい木材(樹齢400年以上の欅)に換えた痕跡だと、先のご法話にあった。

IMG_3291.jpg

↑夜間に浮かび上がった新緑を愛でつつ、ゆっくりと歩いてジャンボタクシーに戻り、22時にホテルに到着。


貸し切りの清水寺。
ホテルスタッフも含め、たった20名のためにライトアップ、その上貫主さまのお話まで聴けた。

何て贅沢な時間だろう。
「生きてて良かった」
思わずそう呟いてしまった。


帰宅して、上子カメにこのことを話すと、
「あの青い光は清水寺にとって特別なものなんだよ。
それを個人のために照らすなんて、どんだけ力を持ったホテルなの!」
と返って来た。

つーか、この手の返答を聞く度に
「ああ、コイツは紛れもない坊さんなんだなぁ」
と妙に感心するのだが、まあそれは良いとして、
「外資系じゃないし、重役か大株主が京都仏教会と懇意にしてるんじゃね?」
と適当に言ってみたが、確かに何でブライトンホテルだけが、宿泊客のために清水寺や天竜寺や東寺を貸し切れるのだろう。

と、ネットで調べたら、とあるサイトに
「京都で生まれた老舗ホテルの、寺社との信頼関係がなせるわざ」
と書かれていた。

ほぉ・・・



てなことで、夜間特別拝観第一日目おしまい。
翌日の夜間特別拝観は東寺。


(つづく)





京都滞在二日目三日目

二日目は、京都市内から外れたところにある観音寺へ。
見目麗しき十一面観音に会いに出掛けた。


IMG_3043small.jpg

↑近鉄線三山木駅で下車。

IMG_3060small.jpg

↑駅から府道65号線をテクテク歩く。
その距離およそ2キロ。
すると、右手に観音寺の伽藍が見えて来る。

IMG_3048small.jpg

↑この桜並木を見るのは実に16年振り!
16年前、初めて此処に来たのはNHK学園仏教美術国内スクーリングで。

IMG_3051small.jpg

↑この本堂の佇まい、16年も経つのにかなりはっきりと憶えてる。
そして此処に、それは美しい国宝十一面観音がおはす。

IMG_3052small.jpg

↑広々とした池。
亀は居るかな?www


観音寺は、天武天皇の勅願により義淵僧正が開基され、次いで聖武天皇の御願により良弁僧正が伽藍を増築した寺。
奈良時代を象徴する天皇揃い踏み!
凄いなぁ・・・
一時は、十三の諸堂と二十以上の僧坊を有する大寺院だったそうだが、度重なる火災により焼失し、現在残るのはご本尊であり続ける十一面観音。
一番大切なものが残った・・これは中々にないこと。

IMG_3055small.jpg

↑本堂下に置かれた鬼瓦。
江戸時代のもの。

・・と、この鬼瓦を撮っていたところに厨子の鍵を持ったご住職が来られ、
「さあ、中にどうぞ」
と。

何せ参拝客は自分たった一人。
たった一人が、このようにご住職の手をわずらわせて良いのだろうか・・・と躊躇しながらおずおずと中に入った。

簡単なご法楽をあげてお厨子の扉を開いて下さる住職。
何と、内陣にお招き下さった。
(得度しといて良かったぁ)

image44.jpg

大御堂観音寺十一面観音頭部アップ

↑借り物画像で恐縮だが、お厨子の中にはこのような美麗な観音様が佇んでおられた。

はぁ・・・
美しい・・・

●大御堂観音寺 十一面観音菩薩像●
観音寺の草創期であると思われる天平16年(744年)から宝亀9年(778年)の頃に生み出されたであろう名品。
像高172.3センチの木芯乾漆造。

国宝の十一面観音は全部で7躯。
渡岸寺像
六波羅蜜寺像
観音寺像
法華寺像
聖林寺像
室生寺像
道明寺像
その中で、観音寺・聖林寺像が天平期で、他は平安期の作。
観音寺と聖林寺像は時代も同じながら、天衣の形態などがうりふたつ、その他にも共通するところが多く、木芯乾漆であるのも同じ。

自分は聖林寺と道明寺のお像は拝したことがなく、それは単に
「遠いし不便だし」
なのだけど、この観音寺像と共通するならば、何としてでも拝観したいと思う。

しかし、16年前のNHK学園スクーリング資料を読み返すと
「左手に水瓶を取り静かに佇む姿は奈良聖林寺十一面観音像そっくりであり、技法的にも似ている。
聖林寺像の方はいかにも堂々と胸を張った偉丈夫のほとけを思わせるのに対し、この像は女性的で若々しく、可憐でさえあり、この感覚的な相違は注目してよい」
と記されており、そこに〝似て異なるもの〟の妙を感じる。

〝どちらも可愛い子ちゃんだけど、良く見るとタイプが違うよね〟
聖子と明菜みたいなwww

img_about04.jpg

13cb6d4059a375deee73db934d745110.jpg

↑明菜のw聖林寺十一面観音像


そうして、16年振りの再開の観音様と心行くまで対峙することが叶い、充実した思いで寺を後にした。

ああ・・・
来てよかった。
本当に良かった。


来た道を戻り、駅に向かって歩くと、

IMG_3058small.jpg

↑来る時は気付かなかったが、こんな雰囲気ありありの竹林が。

IMG_3059small.jpg

↑竹林を歩いた先に見えるは、廃養鶏場!

IMG_3062small.jpg

↑清々しき姿の鉄塔。



それから京都市内に戻り、向かった先は下鴨神社。


IMG_3077small.jpg

IMG_3076small.jpg

↑参道の両側に建つ高級マンション。

「世界遺産にマンション建てるな!」
の地域住民の反対があったりと、色々とアレな物件らしいw

IMG_3075small.jpg

↑ほんの少しだけ紅葉が残ってた。

IMG_3071small.jpg

IMG_3064small.jpg

IMG_3066small.jpg

↑オープン蔀戸♪

IMG_3067small.jpg

↑絵馬も個人情報保護の時代www


こうして二日目は終わり、最終日はチェックアウトの12時まで部屋でダラダラ過ごしてから京都駅に行き、伊勢丹をブラブラして、お昼ごはんをタラタラと食べ、14時台の新幹線に乗って帰った。


これで二泊三日の京都滞在はお終い。

旅の終わりは何時だって淋しく名残惜しいけど・・・
でも・・・
楽しかった~♪



京都滞在一日目

今回の京都行の目的は、

●総本山智積院の冬報恩講
●今まで素通りして来た市内の西国札所、革堂と六角堂を拝観
●道すがらにイイ感じの神社があれば迷わず参拝
●大御堂観音寺の麗しき十一面観音(国宝)を拝観

と、そんな感じ。


初日は京都市内を攻めようと思い、駅からホテルに行き先ずは荷物を預け、そこから徒歩で革堂に向かった。


IMG_3000small.jpg

↑ホテルの近くに松本明慶佛像彫刻美術館がある。

IMG_3002small.jpg

↑京都御所に沿ってズンズン歩いて、御所エリアが終わったところを右折、寺町通を行くと革堂(行願寺)がある。

IMG_3009small.jpg

IMG_3012small.jpg

行願寺は1004年に行円が開いた。
天台宗でご本尊は千手観音。

「元は狩人であった行円が、ある日山で牝鹿を射止めたところ、その腹から小鹿が産まれるのを見、殺生の非を悟って仏門に入った。
その鹿の皮を常に身につけていたことから皮聖、皮聖人などと呼ばれ、寺の名も革堂と呼ばれた。」

ああ・・
だから革堂なのかぁ。
不思議な寺名だな、とずっと思ってた。

IMG_3013small.jpg

↑革堂の近くにこんな神社があったのでお参り。

IMG_3014small.jpg

↑下御霊神社

しかし、境内には乱雑に車が停めおかれ、本殿は修復のために覆いがされていたので写真は撮らず。

IMG_3020small.jpg

↑烏丸御池の大きなビル群に埋もれるようにして六角堂はある。

IMG_3021small.jpg

六角堂(頂法寺)は聖徳太子による創建。
ご本尊は如意輪観音。

「六角堂の北側に、聖徳太子が身を清めたと伝えられる池の跡。
この池のほとりに小野妹子を始祖とする僧侶の住坊があり〝池坊〟と呼ばれるようになった。
代々の住職(池坊)は仏前に花を供える中で様々な工夫を加え、それが室町時代のいけばな成立に至った。」

で、この六角堂はいけばな発祥の地だと。

池坊って歴史ある家元だったのねぇ。
割に独創的と言うか現代的な活け方をするから、てっきり新しいのかと思ってた。

そう言や、上子カメは池坊の免許皆伝だか何だかを許されていたなぁ。
めきめき上達して、とんとん拍子に上の方に行ったと思う。

IMG_3022small.jpg

↑大通りからこのスタバを抜けて六角堂に出られる。
こーゆうところが京都の面白さだよね~♪

IMG_3027small.jpg

↑六角堂からバスに乗って智積院に来た。

IMG_3028small.jpg

↑冬報恩講の間、冠木門から金堂と密巌堂の参道両側に提灯が下がる。

夜になってこの提灯の明かりが浮かび上がった様は本当に幻想的なので、陽が落ちるまで頑張って此処に居ようと思ったものの、生憎気温が低い上に強風で寒さに負けて断念。

IMG_3035small.jpg

↑幕で飾られた金堂。

IMG_3038small.jpg

↑密巌堂では16時から陀羅尼会が始まっていた。

冬報恩講は、興教大師覚鑁の功績に感謝する法会。
祖師の恩に報いるための法会ゆえに報恩講。

興教大師がお祀りされている密巌堂で〝尊勝陀羅尼〟を一晩中お唱えする。
(でも今は6時間?4時間?ほどらしい)

中には入れないので外で聴いていた。
ビジャヤ ビジャヤ ビボージャヤ・・・
暮れなずむ空とヒタヒタヒタと響く陀羅尼、それが良く合っていた。
とても静かな気持になった。

※保温のために密巌堂が厚いビニールで覆われているが、これを上子カメに話したところ、
「ずるい!私らの時はそんなのなくて吹きさらしだったよ!クソ寒かった!マジむかつく!」
と怒っていたwww

IMG_3039small.jpg

↑こうして一つ一つに火を入れて行く。

それだけでも大変なのに、風が強くて作業は更に難航していた。

IMG_3040small.jpg

↑智積院から京都駅に戻って和ローソクを見るw

IMG_3041small.jpg

↑ホテルのロビーにはクリスマスツリー。

IMG_3042small.jpg

↑白いツリーは毎年同じだが、オーナメントは微妙に変わってる。
今年は和テイストが入ってる。


これで一日目はお終い。


プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR