着ぐるみ事件

IMG_6171.png

↑今日、こんなニュースが流れて来た。

ディズニーキャラに対して〝着ぐるみ〟だの〝中の人〟だの書かれていたものだからディズニーマニア激おこ。

何でそんなことで怒るかと言えば、
「あそこは夢の国なんだから!
特別なんだから!」
「ミッキーはミッキーでしかないの!」
ってことなのだろう。

しかし、ミッキーやミニーが生身だと思う人は、同じくくまもんやせんと君も生身だと思うのだろうか。
それとも、そこはやはりディズニーだけが特別と線引きしているのだろうか。

ワケ分からぬ。



e46302605a4bf3b8a61ddd9bf558144f-233x300.jpg

↑渡月橋のゆるキャラだってwww
ウケる~www
自分、こう言うのが好き~www
スポンサーサイト

算数

IMG_6145.jpg


facebookで〝繰り上がらない掛け算〟のやり方を見つけて、感心するやら面白いやらで、昨日から随分と掛け算をやった。

自分で問題を考えるのが面倒なので、小学3年生の計算ドリルをダウンロードし、ひたすら掛け算をやっていた。

・・と、掛け算ドリルを探しながら〝つるかめ算〟を見つけ、
「おお!懐かしい!」
と、掛け算から今はつるかめ算に取り組んでいる。

割と熱心に。

2017足尾納め

一昨日、カラリと晴れ上がった晩秋の日に足尾に行って来た。


最近の足尾=インガソルランドPE2
な自分。
この巨大なコンプレッサーを観るために足尾に行くって感じで、この素晴らしい近代産業化遺産を観るために足尾に足を運ぶ感じなのだ。


IMG_2957small.jpg

↑紅葉があらかた終わってしまった風景の先に本山動力室が見える。

IMG_2953small.jpg

IMG_2949small.jpg

↑ん?以前よりは建物の傾きがなくなったような・・・。
前は今にも倒れそうだったけれど、ひょっとして補修したのかな。


IMG_2940small.jpg

↑そして、板壁のすき間からそぉ~っと覗くと・・・
鎮座ましますはインガーソルランドPE2!

IMG_2941small.jpg

IMG_2942small.jpg

↑INGERSOLE-RAND
の文字が見える。

IMG_2943small.jpg

IMG_2945small.jpg

↑雄姿ですのぅ。

IMG_2978small.jpg

↑天井から差し込む秋の陽光が美しい。



IMG_2973small.jpg

↑紅葉、見っけ!

IMG_2987small.jpg

↑何時も思う・・・
足尾の空は高いな、と。


IMG_2960small.jpg

↑動力室手前には変電所跡がある。

IMG_2958small.jpg

↑木枠のガラス窓♪

IMG_2965small.jpg

IMG_2966small.jpg

IMG_2970small.jpg

↑変電所の碍子軍団。

IMG_2964small.jpg

↑新しくて小振りな鉄塔が、古い鉱山施設の中に違和感なく溶け込んでいる。


IMG_2988small.jpg

↑音楽堂

現存するのはこの音楽堂だけになってしまったが、このエリアには浴場、劇場、スケート場もあった。

IMG_2991small.jpg

↑本山坑詰所の一部。

この建物の向こう側に本山坑口があると思われる。
インガーソルランドPE2で作られた圧縮空気は、此処から坑道内に送られていたのだろうか。


そして、本山エリアを後にして足尾歴史館に向かった。

IMG_2996small.jpg

嬉しいことに長井館長ご在館で、コーヒーをごちそうになりながら相変わらすディープな足尾話を拝聴した。
また、世界遺産登録に向けた活動を続けている足尾歴史館だが、暫定リスト入りを目指す活動をするにあたり最近の徴用工問題が足かせ、と言うか目の上のたんこぶになっているようで、まったくもって頭が痛いらしい。

まー、あの国の三大産業?は、ゆすり・たかり、売春、キムチだからねぇ(呆)

足尾歴史館は12月から翌年4月まで冬季閉館になる。
自分もこの日をもって本年の足尾納めとなりそう。
来年の桜が咲く頃に行けると良いなぁ。
足尾の八重桜はそれは美しく、花の中で観るインガーソルランドPE2もオツなものだろう。


IMG_2997small.jpg

↑足尾の空は高いと、つくづく思う。










ニラ蕎麦会

一昨日の日曜日。
美しい秋の美しく晴れ上がった日のこと。

ランニングチームの〝ニラ蕎麦部〟のメンバーでニラ蕎麦会を開催。
チーム〝7up(セブンアップ)〟には〝ビール部〟を始めとして各自勝手に部を立ち上げては、ラン以外の活動にいそしんでいるwww


ニラ蕎麦部最初の活動のニラ蕎麦会、会場はさとるっち家。
さとるっち家は200年以上も続く旧家であり名家、歴史ある農家さん。

なので・・・
↓こ~んな趣のある土蔵があったりする。

IMG_6102.jpg

現存する土壁!
凄いなぁ・・・

IMG_6103.jpg

↑中をのぞいたら、これまた古い味噌樽が重なっていた。

IMG_6104.jpg

↑お稲荷さま。

IMG_6105.jpg

↑うわ~!
これまた懐かし~♪

IMG_6106.jpg

↑米蔵にもコッソリと侵入w

IMG_6107.jpg

↑屋根裏部分には沢山のわらじが・・・。
何だろう?

さとるっちさんに訊いたら
「わらじ?そんなのありました?」
wwwww

IMG_6108.jpg

↑普通に、何てことはない感じで、こんな鉄瓶がポンと置かれている。

IMG_6111.jpg

↑そして、この日大活躍だったのが、このかまど。

かまどですよ、かまど!
素敵だなぁ・・・

強い火力でお湯を沸かし、蕎麦を一気に茹で上げる!
お陰で美味しいお蕎麦が出来ました♪

IMG_6112.jpg

↑ジャ~ン!
ニラ蕎麦、爆誕!

IMG_6113.jpg

↑ぽんさんが揚げて来てくれた天ぷら。
色んな種類の天ぷらが芸術的に盛られている♪
サックサクで美味しかった♪

いや~!
食った!食った!
7合は食べたんじゃないかなぁ。

IMG_6115.jpg

↑帰りに、新種のかぼちゃを始めとする色々な野菜を頂いた。


ああ、美味しくて楽しかったなぁ。

また来年もやります!


炉の話

身内に不幸があったため、先週の9日10日は通夜・葬儀参列のために埼玉県に行っていた。


IMG_6092.jpg

IMG_6096.jpg

↑通夜の前、斎場あたりの鉄塔がとっても良い感じだった。
〝夕暮れと鉄塔〟
これに郷愁を感じるのは昭和世代だからかなぁ。

IMG_6097.jpg

↑故人への色々な想いや願いをこめて折られた鶴。
出棺の際、生花と一緒に棺に納められた。


お導師さまは曹洞宗僧侶。
通夜の読経は、分かっただけでも般若心経から始まり、間に観音経、遺教経があり、葬儀の読経は舎利礼文、観音経、阿弥陀陀羅尼がありで、
「何だい、これじゃ真言宗と変わらなくね?」
とつい思ってしまったのだった。
まー、作法などは随分と違うのだけど。


そうして、滞りなく葬儀が終わって出棺、斎場から2キロほど離れた火葬場に向かった。
着くと、ピッカピカの現代的な火葬場。

炉の前で最後のお別れをし火葬が始まり・・・
訊くと、何と40分後に収骨となるそう!
40分!
何て短時間なんだ!

その40分の間、館内をフラフラと歩き、職員を捕まえては色々と訊いたのだった。

「炉は宮本工業所?」
「いえ、違います」
「それじゃ何処?」
「それはちょっと・・・」
「熱源は何?」
「ガスです」
「何でこんなに早く焼けるの?」
「・・・・・。
あのぅ、同業者の方でしょうか?」
「ええ、そうです!」

確かに同業者だよw
嘘偽りはないw

「何でこんなに早く焼けるの?」
と訊いたのは、最近造られる炉は殆どが〝台車式〟で、火の回りが悪い〝台車式炉〟では、通常60分から90分の時間を要する。
40分はちょっと考えられない。
ご遺体は頭から炉に入って行ったし、もう台車式炉と信じて疑わなかった。
台車式炉がどう進化したら40分の時間が出せるのかと、そこが訊きたかった。

しかし、炉から出されたばかりのご遺骨は各部位がバラバラに混ざり合っており、
「あれ?ひょっとしてロストル式?」
と疑問に思いつつ後で調べてみたら、何と〝ロストル式炉〟だった。

火葬炉には台車式とロストル式があり、耐熱素材で作られた台車に棺を乗せて台車ごと火葬するのが台車式、炉内の鉄格子(ロストル)に棺を乗せて火葬するのがロストル式。
台車式は棺の下に火が回りにくく時間が掛かるのが難点だが、ご遺骨が綺麗に残る。
片やロストル式は棺の下からも火が回るので時短になる、しかしロストルの間から受け皿に落下するためにご遺骨がバラバラになってしまう。
時間が掛かろうとも綺麗に焼き上げたい意向が強いせいで、現在は炉の97パーセントが台車式となっている。
それに、元々ロストル式炉は海外から輸入されたものだった。

この火葬場は民営で都内の廣済堂グループ企業が持つ火葬場と同系列で、建物の構造も炉がロストル式であることも同じ。

また、民営ならではと言うか、炉がランク分けされている。
〝特別殯館〟1炉 〝特別室〟2炉 〝最上等〟6炉
つまりは前から松竹梅。
特別殯館と特別室は炉の化粧扉がゴージャスで、個別の収骨室がある。
エコノミータイプの最上等はシンプルな化粧扉が却って良い感じ、しかし収骨室は設けられておらず、炉前ホールの片隅にて行われる。
残念ながら?この時、松竹の炉はお休みだったw
てか、化粧扉の裏に回れば同じ炉が9基並んでいるだけだと思うのだがw

自分たちが収骨の時、3基の炉が稼働中だった。
うち1つの炉前には位牌も遺影もなく、埋葬許可証の封筒が突っ込まれた骨壺だけがポツンと置かれている。
掲示板の名前は俗名だった。
収骨を待つ家族や親族が居る様子もなく、実に淋しい光景だった。
「この人の人生は一体どんなものだったのだろう」
と考えずにはいられなかった。


収骨が済み、館前でご当家さまとお別れして歩き出すと、目に飛び込んだは宮型霊柩車!

IMG_6098.jpg

↑うぉ~!
懐かしい!

今でも需要があるのかな。
あるとすりゃ90代だろうなぁ。

でもさ、宮型霊柩車が乗り入れられるのは民営ならではだよね。
少なくとも公営よりは自由だと思う。

IMG_6100.jpg

↑庭には噴水付の池がありゴージャス。


身内の葬儀だと言うのに興味津々火葬場を歩いたりして、非常に不謹慎だと思う。
それは重々承知している。

しかし、人体を焼くのに使う大量の燃料と空気の供給、音や臭気の遮断、その上煙を見せないようにする構造など等・・・そのどれを取っても高度な技術力の結集なのだ、火葬場。
壁の向こう、天井裏には太いダクトがウネウネとうねっており(見たことないけど)、それはまさに巨大工場のようであろう(見たことないけど)。
これに興味を持たずしていられましょうや。

火葬炉国内シェアナンバー1の宮本工業所や数々の特許を持つ富士建設工業ってのは、あまりと言うかかなり知られてないけど、凄い企業なんだよ。
プロフィール

カメ

Author:カメ
未だ嵐メンバーの顔と名が一致しない。
キスマイ?ジャンプ?
ジャニーズは闇。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR